ここから本文です

「間違いだらけのクルマ選び 2020年版」発売|ヤリスvsフィット、EVに暗雲? など見どころ満載

2019/12/15(日) 10:03配信

MOTA

徹底したユーザー目線で、毎年欠かせない1冊!

ノンフィクションに強い出版社、草思社より「2020年版 間違いだらけのクルマ選び」が2019年12月23日に発売される。価格は1650円(税込み)。

■2020年はヤリスとフィットの対決で始まる!? 見た目も変わった両モデルを画像で見る(17枚)

著者は自動車評論家の島下 泰久氏。自身の膨大な試乗経験と取材による知見を活かし、現行販売されている各車種を徹底評価するという内容だ。また冒頭には、最新の自動車トピックに関する解説も盛り込まれる。

EVと自動運転に暗雲…どういうこと?

100年に一度のクルマ変革期といわれて、はや数年。いよいよここにきて、各社の、特に日独のメーカーの生き残り戦略に違いが表れてきた。
今期、国産メーカーからは走りの基本性能や魅力的なデザインで「クルマっていいな」と思わせる秀作ニューカーが次々デビュー。
一方、ドイツ勢からはEVが大量デビュー。特にフォルクスワーゲンは2025年までに年間最大300万台のEVを生産するという急激なEVシフトを公言している。
日独に明らかな方向性の違いが感じられるが、それでいて、日独共通なのは自動運転熱が急に冷めてしまったこと。この裏で一体何が起きているのか?
そして、そんな中登場したニューカーはいいのか、ダメなのか!?
「間違いだらけ」のクルマ界の今を浮き彫りにする1冊だ。

「間違いだらけのクルマ選び」2020年版の主な内容

■第1特集:ヤリス vs フィット
2020年2月、そろって世代交代の国産コンパクト両雄を、早速比較!

■第2特集:トヨタとVW、ベストセラーカーの未来
世界屈指の最量産車種同士の闘いに、異変あり。カローラvsゴルフ&ID.3

■第3特集:マツダは本当に危機なのか?
危うげに見えるほど強気の、攻めの改革。その裏にある、自身の根拠とは?

■2020年版の指摘
・ドイツ勢の急激なEVシフトは非現実的だ
・メーカーも誤算。自動運転は簡単じゃなかった
・日本発。人間中心のクルマ進化「シート革命」
・モーターショーの復権が“東京”から始まった!
・VWはゴルフをフェードアウトさせるつもりか

MOTA編集部

最終更新:2019/12/15(日) 10:03
MOTA

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事