ここから本文です

銀盤に今季も笑顔 千厩アイスアリーナ営業開始【岩手】

2019/12/15(日) 9:53配信

岩手日日新聞社

 一関市千厩町の千厩アイスアリーナは14日、今季の営業をスタートさせた。初日は無料開放され、待ちわびた親子連れが次々訪れて初滑りの感触を楽しんだ。

 午前10時の開業前から約80人の親子連れが詰め掛けた。オープニングセレモニーでは同アリーナを管理する市体育協会の佐藤修蔵会長が「いよいよ冬のスポーツシーズンが始まった。千厩アイスアリーナにも何度も足を運んでもらい、けがのないように楽しんでほしい」とあいさつし、テープカットして開業を祝った。

 来場者は上着や手袋などで防寒装備を整え、早速氷上に繰り出した。壁に手をつきながら恐る恐る足を踏み出す人もいれば、勢いを付けるあまり尻餅をつく人もおり、思い思いにスケートを満喫していた。

 親子で訪れた小山一樹君(室根西小学校5年)は「期間中はできるだけ来て、うまくなりたい」と意欲を燃やしていた。

 今季の営業期間は2020年3月15日まで。開館時間は午前10時から、火―木・日・祝日が午後5時まで、金・土曜が同8時まで。休館日は月曜(祝日の場合は翌日)と12月31日、1月1日。

 団体利用の予約や問い合わせは同アリーナ=0191(52)4568=へ。

最終更新:2019/12/15(日) 9:53
岩手日日新聞社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事