ここから本文です

学校・会社は何日休む? インフルエンザの正しい対処法

2019/12/15(日) 11:02配信

テレ東プラス

予防接種を受ければかからない? 熱が出たから解熱剤を飲む? インフルエンザが流行するこの季節、、実は、間違いだかけの行動をとっているかもしません!?

今回はイシハラクリニック副院長・石原新菜先生に「インフルエンザに関するQ&A」に答えていただきました。

実は間違いだらけ!? インフルエンザのQ&A

Q1.「インフルエンザかも?」と思ったら、発熱する前でも学校や会社には行かない方がいい?

「インフルエンザウイルスの潜伏期間は1~2日、発症する(※注1)1日前から発症後3日までが最も感染力が高いと言われています。高熱が出る前でも『ちょっとおかしい』と思ったら、その時点で会社や学校はお休みし、外出も控えた方ががいいですね」

※注1:発症日は、病院で診断を受けた日のことではなく、インフルエンザ様症状(38度以上の発熱など)が始まった日。

また、家族がインフルエンザと診断されたら、部屋は隔離、看病する人はマスク着用、患者に触った後は必ず手を洗う、タオルなども別にすること。また、1時間に1回5分ほど窓を開けて、換気をしましょう。ちなみに、ウイルスと菌は別物なので、「除菌スプレー」では効果がないのでご注意を!

Q2.インフルエンザと診断されたら何日休めばいい?

「学生の場合は、学校保健安全法で『発症した)後5日を経過し、かつ解熱した後2日を経過するまで』(※注2)と定められているので、その期間は休みましょう。
社会人の場合は、出社停止期間を定めた法律はないので、医師や勤務先のルールに従ってください」

※注2:保育園、幼稚園などに通う小学生未満(乳幼児)は、「発症した後5日を経過し、かつ解熱した後3日を経過するまで」とされています。

Q3.感染したかも......どのタイミングで病院にいけばいい?

「インフルエンザの検査では、発症後すぐには陽性反応が出ない場合があります。発症してから12時間以降48時間以内の受診が、正しい結果が出るといわれています。診断されない限りインフルエンザ薬は出せないので、受診のタイミングが重要です。ただし、高熱が出ている場合は、すでに発症からある程度の時間が経っていると考えられるので、すぐに受診しましょう」

Q4.インフルエンザが流行する中、高熱が出たときは解熱剤を飲んでもいい?

「解熱剤の服用は絶対にNG! 発熱により体の中のウイルスを撃退しているので、解熱剤で熱だけ下げてしまうのは、その働きを邪魔してしまうことになります。解熱剤の使用で、インフルエンザ脳症になることも。インフルエンザが流行している時期、ちょっと熱っぽいな......と思っても、むやみに解熱剤は飲まないでください。もちろん、インフルエンザと診断され、医師が処方した解熱剤は飲んでくださいね」

この時期、「かぜの引きはじめかも」「ちょっと熱っぽいな」など体調の変化を感じ、インフルエンザの可能性がある場合、石原先生は漢方薬の「葛根湯」を服用するそう。
「葛根湯の“麻黄(まおう)“という成分は、インフルエンザやかぜのウイルスに効果があります。薬局でも購入することができるので常備薬にしておくといいですね」

1/2ページ

最終更新:2019/12/15(日) 11:02
テレ東プラス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事