ここから本文です

ハイジャックから50年、北朝鮮に連れ去られた父親捜しの人生に

2019/12/15(日) 13:33配信

AFPBB News

(c)AFPBB News

【12月15日 AFP】1969年12月11日、北朝鮮の諜報(ちょうほう)員が大韓航空機をハイジャックし、北朝鮮の首都平壌に向かった。この飛行機に乗っていたファン・インチョル(Hwang In-cheol)さんの父親は二度と韓国には戻ってこなかった。この出来事が、ファンさんの人生を決定づけた。

 事件が起きた時、ファンさんはまだ2歳だった。そのため、父親の姿は写真を通してしか知らない。だが、ファンさんは大人になってからの大部分を父親の帰国を訴える活動に費やしている。

 韓国のテレビ局文化放送(MBC)のプロデューサーだった父親のフォン・ウォン(Hwang Won)さんはその日、出張のため大韓航空機で江陵(Gangneung)市からソウルの金浦空港(Gimpo Airport)に向かう予定だった。

 離陸直後、北朝鮮の諜報員が機長室に押し入り、銃で脅して金浦空港ではなく平壌に向かうよう命じた。人質となった人々によると、北朝鮮の戦闘機3機が平壌までエスコート飛行し、諜報員の男は平壌に着くと軍関係者に迎えられ、車で走り去った。そして、乗客乗員50人は、飛行機から降ろされる前に目隠しをされたという。

 この事件は国際的な非難を呼び、国連(UN)は直ちに非難決議を採択した。事件発生から2か月後、北朝鮮は乗客乗員のうち39人を韓国に送還したが、この中にファンさんの父親は含まれていなかった。

 戻ってきた乗客によると、ファンさんの父親は北朝鮮の洗脳に抵抗し、イデオロギーに疑問を呈したため、別の場所に連れて行かれたのだという。

 赤十字(Red Cross)は残りの韓国人11人を帰国させるよう北朝鮮に求めているが、北朝鮮は繰り返し拉致を否定、自ら残ることを選択した人もいると主張している。

 韓国国民はすぐにこのハイジャック事件を忘れたが、ファンさんの家族には決して消えることのない影を落とした。「私の人生は苦難の繰り返しだ」とファンさんは言う。

■韓国政府の無視と無関心

 ファンさんの母親は、夫がいなくなったことで精神的ダメージを受けた。そして、ファンさん自身も父親が北朝鮮にいるという事実が「重大な足かせ」となり、まともな職につくことができなかった。

 2001年、政府が定期的に実施する朝鮮戦争(Korean War)の離散家族の再会事業で、ハイジャック機の客室乗務員だった女性が32年ぶりに母親と再会した。涙ながらの再会を見てファンさんは、父親を捜そうと決心した。勤めていた出版社を辞め、韓国国内を回りハイジャック事件への関心を呼び起こす活動を始めたのだ。

 父親は生きていれば82歳になる。ファンさんは2017年、仲介者を通じて本人しか知り得ない質問への答えを確認し、少なくともその時期までは父親が生きていたことを確信した。

 韓国政府は当初、ハイジャックの被害者らの北朝鮮での立場を複雑にしないため、家族らに目立った行動はしないよう求めていた。

 南北関係は、ファンさんの活動期間中も悪化と改善を繰り返した。だが、外交プロセスはファンさんの父親捜しには全く影響しなかった。韓国の文在寅(ムン・ジェイン、Moon Jae-in)大統領は今年、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-un)朝鮮労働党委員長と会談したが、ファンさんは苦々しい思いでそれを見ていただけだった。

「あれはむなしい南北統一の呼びかけの延長にすぎない。何度も同じような話を聞いてきた」とファンさんは語る。そして、最重要視されるべき人道問題は常に蚊帳の外であることを指摘しながら、「韓国政府の無視と無関心は私の心に大きな痛みを残した」と述べた。

■墓前で泣くことに興味はない

 ファンさんは毎日午前4時に建設現場での仕事を探し、午後5時ごろには仕事を終える。夕方以降は情報機関向けの資料を準備し、メディアのインタビューに答えるための時間に充てている。

 ファンさんは、父親捜しの活動に終わりが見えないことを認める。だが、「私が諦めてしまったら、私も父を強制的に拘束した加害者の一人になってしまう」とも話している。

 ファンさんはまだ希望を捨てていない。

「私は父の遺体に対面することや父の墓前で泣くことに興味はない」

「自分と父がどれだけ似ているのかを確認し、父親がいるということがどういうものなのかを知りたい」

 映像は、父親の帰国を訴えるファンさん。11月10日、12月8日撮影。(c)AFPBB News

最終更新:2019/12/15(日) 13:33
AFPBB News

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事