ここから本文です

冬休みの自由研究 親子で「動物園クイズ」に挑戦!

2019/12/15(日) 12:22配信

ベネッセ 教育情報サイト

まもなく子どもたちも冬休み。クリスマスやお正月などイベントが多い冬休みにも、自由研究が宿題に出る学校もあるだろう。自由研究で人気なのが、動物園だ。動物の生態について、親子でまずはクイズにトライしながら、冬の動物園を観察する計画を立ててみてはいかがだろうか。

【Q1】動物園で放し飼いになっている鳥は、飛んでいかないの?

A 羽の一部を切っているので逃げていかない
B えさをもらって慣れているから、逃げていかない

答え:A

<解説>
鳥類の翼は、ほとんどが羽で、骨や肉のある部分は翼の面積の数分の一程度です。鳥の羽は髪の毛や爪に近いもので、定期的に生えかわり、切っても痛みはありません。そこで、片方の翼の風切羽(かざきりば)だけを切っておくと、羽ばたいた時に上昇力のバランスがとれず、放し飼いにしても飛んで逃げていかないのです。

【Q2】トラの縞模様は、縦縞? 横縞?

A 上から下への縞だから縦縞
B ボーダーシャツと同じで横縞

答え:B

<解説>
動物の縞模様を表現する時、頭から尾までの体の中心線を基準にして考えます。トラやシマウマは、彼らが「気をつけ」の姿勢になった時に縞模様は中心線と直角になり、人間がボーダー模様のシャツを着た時のような「横縞」になります。動物の体の模様は、隠れるためや逆に目立たせるための役割を持つと考えられます。トラの模様は目立つように見えますが、背の高い草ヤブに入るとカモフラージュとなり、獲物に気付かれずに接近したり待ち伏せしたりできるのです。

【Q3】ヒキガエルは一度にどのくらい卵を産む?

A 200個くらい
B 2000個くらい

答え:B

ヒキガエルは、池や田んぼにひも状のゼリーのような卵のかたまりを産みます。中に入っている卵の数は1500個から8000個。この卵がすべてカエルになったらヒキガエルだらけになってしまうはずですが、99%以上は捕食者に食べられてしまいます。あの大きなヒキガエルになるのはほんの少数なのです。

出典:冬休みの自由研究解決策特集! 新発見クイズ!動物園編 -ベネッセ教育情報サイト
https://benesse.jp/jiyukenkyu/question/zoo.html

※この記事は「ベネッセ教育情報サイト」で過去に公開されたものです。

最終更新:2019/12/15(日) 12:22
ベネッセ 教育情報サイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事