ここから本文です

【注目】この冬、大人が着るべきニット5選

2019/12/15(日) 7:04配信

LEON.JP

この季節のベースアイテムとして、色々な装いに欠かせないニットウエア。なかでも継続人気を誇るクルーネック型セーターは、温かみ溢れる素材感に加え、装いに洒落感を添える味わい深い中間色のものなどが続々とリリースされ、今季密かに注目を集めています。そこで完成度の高いニット専業ブランドの新作を彩り豊かにピックアップ。

寒さが本格化してきた昨今。温かさを担保するアイテムとして、室内・屋外に関わらず常にお世話になるのが、ニットウエアです。近頃はスポーティな化繊系のフリースアイテムも多く見掛けますが、コンサバな大人スタイルにマッチするミッドレイヤーと言えば、ウールのセーターが基本にして定番かと。

今季もトラッドなクルーネック型がトレンドの主軸となっていますが、極めてシンプルだからこそ素材使いやタッチにこだわりが必要。今、選ぶべきはネップなどを取り混ぜ視覚的にも温かみを加えつつ、さり気なく個性の主張が叶う中間色の一枚。

従来のような「紺」や「赤」といった基本色ではなく、複数のカラーをブレンドした味わい深いミックスカラーが今の気分なのです。

そこで星の数ほどあるクルーネックセーターのなかから、厳選の五枚をご紹介。実力派ニット専業ブランドが作るソレは、完成度の高さが違います!

◆ クルチアーニ  スポーティにして極めてリッチ

クルチアーニと言えば、「ディアマンテ・ロッソ」など世界最高峰のカシミア製品で知られるイタリアンニットの巨匠。カシミアに限らず、どのアイテムも極めてラグジュアリーな仕立てを貫いているところがポイントです。写真の一着もスポーティなラグラン風デザインがひとつの特徴ですが、繊細な細編みながら、タッチは非常に肉厚。カシミア混紡かつ穏やかなベージュカラーと相まって、リッチな寛ぎ感が存分に味わえる逸品です。

◆ ザノーネ  肩肘張らない豊かな温かみ

サスティナブルなラグジュアリーを追求するアパレルグループとして注目を浴びるスローウェア。ザノーネこそはその一翼を担うニット専業ブランドです。最先端の素材開発力を持つ実力派が作る、シンプルなクルーネックセーターは、滲み出るような味わいがポイント。軽量かつソフトなヴァージンウールを使用しつつ、シャギーなタッチがオーセンティックかつ温かみを主張する仕上がりです。赤色とも茶色とも異なるエンジ系の中間色が、今季らしい洒落感を主張します。

1/2ページ

最終更新:2019/12/15(日) 7:04
LEON.JP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ