ここから本文です

欧州の国際夜行寝台列車「ナイトジェット」に乗る 同じ青でもブルトレと色々違った

2019/12/15(日) 18:40配信

乗りものニュース

発車時からいろいろあった「ナイトジェット」「ブルートレイン」の違い

 ヨーロッパ31カ国で使える鉄道の乗り放題パス「Eurail Pass(ユーレイルパス)」。これを用いたヨーロッパの鉄道&世界遺産を満喫する旅へ、2019年8月から9月に出かけました(2か月のうち任意の10日を選んで使える1等車用「ユーレイル グローバルパス」を使用。大人用〈28歳以上〉605米ドル〈約6万6000円〉、シニア用〈60歳以上〉546米ドル〈約5万9600円〉)。

欧州の国際夜行列車「ナイトジェット」を写真でチェック!

 この旅で、日本では貴重になった寝台列車、しかも複数の国を駆け抜ける寝台列車に乗車しました。オーストリア連邦鉄道(OBB〈正しくは「O」の上に点2つ〉)が運行する国際夜行列車「Nightjet(ナイトジェット)」のうち、ローマ(イタリア)とミュンヘン(ドイツ)を結ぶ列車です。

 夜も深まり、人の気配がすっかり少なくなった23時前、イタリア北部のボローニャ中央駅。青い客車が乗客を待っていました。日本の寝台列車「ブルートレイン」の車両に比べ、やや紫がかった青でしょうか。ともあれ、夜行列車には「青」がよく似合います。

 工事のため、この日はボローニャ始発だったミュンヘン行き「ナイトジェット」NJ294(EN294)列車は22時57分、時間通りに動き出しました。「ブルートレイン」と同じく機関車が客車をけん引するタイプの列車ですが、連結部分の構造が「ブルートレイン」の客車と違い、車両と車両のあいだに緩衝器があるためか、しばしば「ブルートレイン」で起きた発車時の「ガクン」という衝撃は、終着駅まで一度もなかったです。

発車時刻前にドアが閉まった「ナイトジェット」 1等個室の車内設備は?

 もうひとつ発車時、日本とは違うことがありました。ボローニャ発車時刻の約8分前だったでしょうか、ホーム上に笛が響き、「乗って」と係員にうながされ、発車時刻前なのにドアが閉まったのです。

 こうした発車時刻前のドアクローズは、定時出発を図るため、ヨーロッパではしばしば見られるものです。閉まったあとでも発車時刻前なら乗れますが、ダメなこともあるので、ギリギリにホームへ行くのはおすすめしません。

 乗車したのは1等の個室寝台。2段ベッドにして2名で利用しました。私(恵 知仁:鉄道ライター)は上段を使ったのですが、このとき驚いたのは、転落防止の柵などが上段に見当たらないこと。国によってはそうした場合もあると聞いていたため、そうした場合かと思い、ちょっとハラハラしながら夜を明かしました。

1/3ページ

最終更新:2019/12/15(日) 19:06
乗りものニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事