ここから本文です

帝京敗れる。流通経済、日本、筑波、関西学院がベスト8へ。ラグビー全国大学選手権3回戦の結果

2019/12/15(日) 23:11配信

J SPORTS

第56回を迎えるラグビー大学選手権の3回戦。12月15日(日)は埼玉・熊谷ラグビー場と、大阪・東大阪市花園ラグビー場で各2試合が行われた。

【ハイライト】帝京大学vs.流通経済大学

熊谷ラグビー場の1試合目、流通経済大学(関東大学リーグ戦3位)と、昨年度まで9連覇を達成した帝京大学(関東大学対抗戦3位)の対戦は点の取り合いとなった。

序盤、流通経済大学が相手のミスもあり、HO(フッカー)松田一真(3年)らのトライで12-0とリードする。

その後は帝京大学もFW(フォワード)を中心に攻め込んでペースをつかみ、PR(プロップ)細木康太郎(2年)らのトライなどで、25-19と前半をリードして折り返す。

後半、流通経済大学は一時、8点差をつけられたときもあったが、攻め続けてWTB(ウィング)イノケ・ブルア(2年)が、2トライを挙げる活躍を見せ、43-39と逆転に成功。

残り5分はFWでボールをキープし、最後はタッチに蹴ってノーサイド。帝京大学がベスト4に残れず、年内で敗戦したのは2006年度大会以来、13年ぶりのこと。流通経済大学が公式戦で帝京大学に勝利したのは創部以来初となった。

熊谷ラグビー場の2試合目は日本大学(関東大学リーグ戦2位)と京都産業大学(関西大学リーグ4位)が対戦した。スクラムを強化しているチーム同士の対戦は、FW戦が鍵を握ると思われていた。

スクラムでやや優勢だった京都産業大学が先制するものの、日本大学もMVP級の活躍を見せた、NO8(ナンバーエイト)シオネ・ハラシリ(2年)らのトライで、前半は17-12とリードする。

後半も日本大学が1年生FB(フルバック)普久原琉のトライで、24-12とリードを広げる。その後、1トライを返されるが、ディフェンスが機能し、そのまま24-19でノーサイド。日本大学がベスト8に入るのは、1999年度大会以来となった。

花園ラグビー場の第1試合は、関西学院大学(関西大学リーグ3位)が朝日大学(東海・北陸・中国・四国代表)の挑戦を受けた。前半の中盤から関西学院大学のペースとなり、HO竹内海斗(3年)の2トライなどで38-19と勝利した。

東海大学リーグで10連覇を達成した朝日大学も後半、FB永野拓也(3年)の2トライで応戦したが、今年度も3回戦の壁は突破することはできなかった。

1/2ページ

最終更新:2019/12/15(日) 23:11
J SPORTS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事