ここから本文です

【朝日杯FS】武豊はまたしても勝てず…タイセイビジョンで見せ場十分の2着

2019/12/15(日) 22:41配信

競馬のおはなし

 武豊騎乗の2番人気、タイセイビジョンが直線で後方から伸びてくるも離れた2着に敗れた。直線入り口では抜群の手応えで進出し、サリオスを飲み込む勢いで一気に伸びて来たが、並びかけようかというところでサリオスに更に突き放されてしまった。一瞬やったかと思われたが惜しい2着。鞍上の武豊騎手は「勝った馬が強かった」と勝者の走りを称えた。

2着 タイセイビジョン
武豊騎手
「思った通りの競馬は出来たのですが…勝った馬が強かったです。ペースも速く前は止まると思っていました。出来も良くマイルでも折り合いがつきました」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 15日、阪神競馬場で行われた11R・朝日杯フューチュリティステークス(G1・2歳オープン・芝1600m)で1番人気、R.ムーア騎乗、サリオス(牡2・美浦・堀宣行)が快勝した。2.1/2馬身差の2着に2番人気のタイセイビジョン(牡2・栗東・西村真幸)、3着にグランレイ(牡2・栗東・池添学)が入った。勝ちタイムは1:33.0(良)。

武豊は2着でまたしても勝てず

 1番人気に支持されたサリオスが好位から抜け出して無傷の3連勝、圧倒的な強さで2歳王者となった。レースでは45秒台のハイペースで進む中、3、4番手で流れに乗り直線へ。直線半ばから抜け出しを図る中、このレース初勝利を目指す武豊騎手のタイセイビジョンが一気に差し脚を伸ばして来た。並びかけるかというところでさらに突き放してサリオスが見事に勝利を飾った。

サリオス 3戦3勝
(牡2・美浦・堀宣行)
父:ハーツクライ
母:サロミナ
母父:Lomitas
馬主:シルクレーシング
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 サリオス
2着 タイセイビジョン
3着 グランレイ
4着 タガノビューティー
5着 プリンスリターン
6着 ジュンライトボルト
7着 ビアンフェ
8着 ラウダシオン
9着 ウイングレイテスト
10着 レッドベルジュール
11着 トリプルエース
12着 カリニート
13着 マイネルグリット
14着 エグレムニ
15着 メイショウチタン
16着 ペールエール

最終更新:2019/12/15(日) 22:41
競馬のおはなし

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事