ここから本文です

ママ友が面倒になってきた。付き合いを「楽にする」心得エピソード

2019/12/15(日) 20:10配信

LIMO

「ママ友は、自分の本当の友達じゃ無いから」そう言って、ママ友とのお付き合いはそこそこにしているママもいらっしゃることでしょう。もしかしたら、多くのママがそう思っているのかもしれません。

しかし、誰しもが、そのように強い気持ちを持ち続け、上手に切り替えができるわけではありません。しかもママ友付き合いには、当然子どもが絡んできます。自分だけのことではなく、可愛い我が子も関係してきますから、できれば穏便に…なおかつ気持ちよくお付き合いを続けていきたいと思うママさんだって、決して少数派ではないと思います。

そう思いながらも、何かと頭を抱える問題が浮上しがちなママ友のお付き合い。今回は、ママ友との距離感・付き合い方について、実際のエピソードを交えながらお話していきたいと思います。

参考になる、ママ友お付き合い心得エピソード

「もともとは、ちょっと個性的な服装が好みでしたが、ママ友同士で集まるときには、自分の思考よりも雰囲気を優先するようにしています。特に女の子のママ同士で集まる時には、可愛い感じのバックや小物を持つようにしています。話題の切っ掛けにもなりやすいですし、女の子ママは可愛いものには敏感ですから。無難な会話のきっかけになります。」

「私は写真を撮るのが趣味なんですが、大人数で集まるときに撮る写真は、子ども達をなるべく平等に写すようにしています。あとは、SNSにアップする時には他人の子はけっして載せないように気を配っています。スタンプで顔を隠すといった処理をするのも、かえって気が引けてしまうので、SNSで使う写真は、ともかく写っているのは自分の子どもだけの写真を使用するようにしています。」

一方、マイナスエピソードも…

「B君ママはいつも元気で明るいママ。知り合いも多く、とても人懐っこいママなのですが、噂話が大好きなんです。しかも『〇〇さんから聞いたの。』と、あたかも自分は悪くないことを前面に出しながら噂の発信源になっているので、小さいトラブルをちょくちょく耳にしていました。

先日、園の駐車場でB君のママと顔を会わせ、そのまま立ち話をしました。そうすると『聞いた話なんだけどね…』と同じクラスのママの話をし始めたのです。内心『これはマズイ…関わりたくないなぁ…』と思っていたところで、Aちゃんママが『おはよー、今送って来たよー。』と声を掛けてくれました。そして話題は、今日のスーパーのお買い得品に変わりました(笑)。

あのまま話を聞いていたら、いつの間にか私も噂に巻き込まれていたかもしれません。Aちゃんママはきっと助け船を出してくれたんだなって、思っています。」 

1/2ページ

最終更新:2019/12/15(日) 20:10
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事