ここから本文です

おひとりさまの貯蓄割合は年々減少…単身だからこそ貯められない理由とは

2019/12/15(日) 19:15配信

LIMO

独身の人は、現在だけでなく老後の生活費も自力で用意しなければなりません。本当にこのままで大丈夫なのか、老後に向けて何か具体的に取り組まなければ…と焦っている人もいるのではないでしょうか。

なかでもそのような悩みを多く持っているのが、おひとりさまの女性たち。彼女たちは、どのような金銭的問題に直面しているのでしょうか。その問題の改善策や、老後資金の貯め方について見ていきましょう。

お金がかかる項目は人それぞれ

独身女性というと、好きなものに好きなだけお金を使えるようなイメージを持たれがち。しかし、むしろ現実では出費がかさんでいるようです。一体どんな費用が発生しているのでしょうか。

「周囲にあわせて、ついブランドの服に手を出してしまいます。1着ごとの予算も、若い頃よりぐっと高くなりました」

「肌の悩みが増えてきたので、いい値段のする化粧品や美容グッズを買いそろえてしまいます。いくつになっても、女性として美しくありたいですからね」

「いざというときの備えは、自分で備えなければなりません。そのため、手厚い保障が受けられる保険に加入しています。安心感はありますが、やはり大きな支出ですね」

「冠婚葬祭にかかる出費が痛いです。とくに結婚ラッシュの時期は、毎月のようにご祝儀を払っていました。私の番が来ることはなさそうなので、これからもお金が出ていくばかりでしょうね…」

化粧品や衣服といった女性ならではの出費に加え、保険や冠婚葬祭といった大きな出費に苦労するおひとりさまが多いようです。そのような状態では、老後に向けた貯金を後回しにしてしまうのも無理はないのかもしれません。

婚活に関する後悔も

おひとりさまの女性のなかには、結婚相手を積極的に探している人も珍しくありません。とはいえ、婚活には意外とお金がかかるもの。「少しお金をかけすぎた…」と後悔しているケースもあるようです。

「とにかく出会いが欲しかったので、思い切って20万円の入会金を払い結婚相談所に入会しました。毎週のように新たな男性とお見合いをしていたので、出会いの数には満足。しかし、肝心の結婚相手を見つけることはできませんでした。お金をかければ結婚できる、とは限らないんですよね…」

「縁結びスポットにハマってしまい、交通費や宿泊費を費やしてまで足を運んだ時期がありました。今思うと、かなりの出費になっています。運を上げるのもいいけれど、自分磨きや貯金に充てる方がよかったかもしれません…」

「婚活アプリで多くの男性と知り合い、食事やデートに行っていた私。その瞬間は楽しかったのですが、お金もそれなりに飛んでいきました」

婚活に夢中になるあまり、それに伴う費用の大きさに気が付かないケースも少なくありません。婚活にお金をかけすぎて、老後資金が足りなくなった…なんて事態は避けたいもの。結婚に近づけているのか、出会いばかり求めてはいないかを考える癖を身に着けておきたいですね。

1/3ページ

最終更新:2/5(水) 11:05
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事