ここから本文です

バルサ、クラシコ直前に足踏み《ラ・リーガ》

2019/12/15(日) 2:08配信

超WORLDサッカー!

バルセロナは14日、ラ・リーガ第17節でソシエダとアウェイで対戦し、2-2で引き分けた。

ここまで11勝1分け3敗でレアル・マドリーと並び首位に立つバルセロナ。この試合の4日後にそのマドリーとのクラシコが控える中、今節のスタメンは、直近のチャンピオンズリーグのインテル戦から8人変更。メッシら主力が顔を揃えた。

試合は意外な動きを見せる。バルセロナは相手のセットプレーの際に、ブスケッツが相手選手のユニフォームを掴んでしまいPKを献上。これをオヤルサバルに決められ、12分に失点してしまう。

久しぶりに先制を許したバルセロナは15分にスアレスがミドルシュートを放つも、GKレミロの守備範囲。主導権を握り切れないまま試合は推移していく。

その中でソシエダは30分台にイサクが2本の枠内シュートを見舞う。ここまで珍しくポゼッションで劣るバルセロナは38分、カウンターでスアレスからグリーズマンにボールが渡ると、ボックス中央に侵入したグリーズマンはGKの頭上を抜くループシュートを決めて、試合を振り出しに戻した。

いい時間に追いついたバルセロナは後半立ち上がりの49分、ブスケッツの浮き球のパス一本でメッシが最終ラインを突破。ドリブルでゴール前前運び、最後はスアレスがごっつぁんゴールを決めて逆転に成功した。

しかし62分、ソシエダが左サイドのモンレアルからクロスを入れると、これをGKテア・シュテーゲンが前に弾いてしまい、こぼれ球をイサクに押し込まれ再び同点に。

その後は両チームとも決定機を迎えられぬまま時間は経過。バルセロナは74分に2枚の交代カードを切るも、大勢は変わらず2-2で試合終了。エル・クラシコに向けて手痛いドローとなった。

超WORLDサッカー!

最終更新:2019/12/15(日) 2:08
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事