ここから本文です

【マカン・ターボやX3 M40iへ挑む】アウディRS Q3へ試乗 399psの5気筒ターボ

2019/12/15(日) 11:20配信

AUTOCAR JAPAN

挑むはマカン・ターボやX3 M40i

text:Tom Morgan(トム・モーガン)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)
 
2代目となるアウディRS Q3。ベースとなるQ3とは大きく異るデザインで、ライバルひしめくカテゴリーに挑む。初代が2013年に登場した際も、アグレッシブなルックスで好スタートを切っている。初代RS Q3は、アウディ・クワトロ社として手掛けた初めてのSUVでもあった。

【写真】アウディRS Q3とBMW X3 (74枚)

SQ2は、ホットハッチの車高の高い代替案として一定の支持を得ている。今回のアウディRS Q3とRS Q3スポーツバックは、ポルシェ・マカン・ターボやBMW X3 M40i、間もなく登場するメルセデスAMG GLA45との戦いに挑む。

アウディは、従来的なボディタイプの人気は下降気味であると予想。RS Q3スポーツバックの方が、RS Q3より高い支持を得るとしている。

スポーツバックの方がなだらかなルールラインを持つため、リアシートや荷室容量に多少の影響を与えているが、基本的な構成に変わりはない。リアシートを生かした状態での荷室は、同等の容量を確保してある。

車高は標準のQ3より10mm低く、20インチのアルミホイールを装着する。アウディ・スポーツ・エディションのフォーシュプルング・グレードの場合、21インチにサイズアップ。本気のRSモデルであることを示す、極太2本出しのマフラーも2代目では採用された。初代は1本出しだったのだ。

TT RSと同じ5気筒ターボは400ps

エンジンは初代と変わらず、5気筒ガソリンターボエンジン。現行のTT RSにも搭載されるユニットだが、ガソリン微粒子捕集フィルターが追加され、従来ほどの激しい印象はなくなった。アルミニウム化で26kg軽量化しつつ、最高出力は400psとなっている。

車重でみるとスポーツバックより15kg重いが、最高速度は同じ249km/hでリミッター制御。オプションによってはリミッター解除もでき、その場合はアウトバーンが活きる280km/hとなる。

パーマネント方式の4輪駆動、クワトロを採用し、トランスミッションは7速AT。0-100km/h加速は4.5秒と、ホットハッチも怯むほどのものだ。

一般道での走りはQ3スポーツバックと大きな違いはない。リアガラスが大きい分、後方視界が僅かに優れている程度。

スポーツバックより車重がやや重くルーフラインが高いからといって、コーナーでのボディロールなどにも差は感じられない。今回の試乗コースで、許される限りのスピードを出してみたが、アウディの「RS」に相応しい素晴らしいグリップレベルを披露。運転への自信を高めてくれる。

目的地への素早い移動は朝飯前だが、ドライバーへの訴求感は薄い。プログレッシブ・ステアリングは、速度を上げてくほどにクイックになる。しかし、ステアリング操作とフロントタイヤの実際の動きとは、どこか一体感が弱い。

1/2ページ

最終更新:2019/12/15(日) 11:20
AUTOCAR JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事