ここから本文です

河野太郎防衛相「全体の工事の工程その他、検討」 新基地建設の予定遅れで

2019/12/15(日) 8:10配信

沖縄タイムス

 【東京】河野太郎防衛相は13日の会見で、名護市辺野古の新基地建設で14日で土砂投入から1年となることを受け「地元を含めしっかりと理解を得られるように丁寧に説明をしていきたい」と話した。埋め立て工事が予定よりも遅れていることには「全体の工事の工程その他、検討している。しっかり進めたい」とし、埋め立て工程を改めて見直す考えも示唆した。

 また宜野湾市の普天間第二小学校に米軍ヘリの窓が落下した事故から13日で2年となることには「在日米軍の駐留は地元の理解を得ることが大前提。米軍としっかりとやりとりをしていきたい」とした。

最終更新:2019/12/15(日) 8:10
沖縄タイムス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事