ここから本文です

スマホ決済「PayPay」が自社ECでも利用可能に。「PayPayオンライン決済サービス」をスタートへ

2019/12/16(月) 11:46配信

ネットショップ担当者フォーラム

PayPayはスマホ決済サービス「PayPay」を2020年に自社ECサイトでも利用できるようにする。登録者数2000万人を超えた「PayPay」が利用できる場所をさまざまな企業が運営する自社ECサイトにも拡大。「PayPay」を“使う”“ためる”といった利用を促進する。

「PayPay」に登録したカード情報を使って決済が利用できるようになる今回のサービス名は「PayPayオンライン決済サービス」。利用者はECサイトで商品を購入する際、PayPay決済を選択するとクレジットカード情報を入力することなく、商品を購入することができるようになる。

接続を予定している決済サービスプロバイダ、ショッピングカート事業者は12月16日時点で次の通り。

□ 決済サービスプロバイダ

・SBペイメントサービス
・GMOイプシロン
・GMOペイメントゲートウェイ
・ゼウス
・ベリトランス
・Boku Network Services, Inc.


□ ショッピングカート事業者

・aishipR(ロックウェーブが開発・販売)
・e-shopsカートS(ハンズが開発・販売)
・おちゃのこネット
・カラーミーショップ(GMOペパボが開発・販売)
・ショップサーブ(Eストアーがが開発・販売)
・futureshop(フューチャーショップが開発・販売)
・MakeShop(GMOメイクショップが開発・販売)

QRコード決済などのアカウント情報を利用して自社ECサイトで決済できるようにする仕組みはID決済と呼ばれ、ECモールではAmazonの「Amazon Pay(アマゾンペイ)」、楽天の「楽天ペイ」が先行している。

ID決済は自社ECサイトの決済方法の拡充に加え、カード情報の入力の手間を省くことによってカート落ちの改善につながる効果があるとされている。

なお、接続を予定しているショッピングカート事業者の1社であるロックウェーブは12月16日、「aishipR」の「PayPayオンライン決済サービス」への対応を発表。2020年2月末をメドに連携するとしている。

ロックウェーブでは早期エントリーキャンペーンを展開。初期・月額費用無料といった自社ECサイトへの「PayPayオンライン決済」導入キャンペーンを行う。

最終更新:2019/12/16(月) 11:46
ネットショップ担当者フォーラム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事