ここから本文です

二宮和也、ライブで結婚に言及しない理由を説明 祝福ハッシュタグには笑顔

2019/12/16(月) 12:26配信

オリコン

 人気グループ・嵐の二宮和也が16日、都内で行なわれた『2020年用年賀状 受付開始セレモニー』に櫻井翔とともに参加した。先月12日に一般女性との結婚を発表後、初の公の場に登場した二宮は、報道陣から直撃を受け約8分間にわたって応対。1日放送のbayfm『BAY STORM』で自ら結婚報告して以降、現在開催中の20周年ツアー『ARASHI Anniversary Tour 5×20』ではこの話題には触れておらずその理由について「僕らにとっても特別な場所。そこで個人的な報告をすることは僕の判断的にはないかなと」と説明した。

【写真】櫻井&二宮から…嵐への愛ある“一言”披露

 続けて二宮は「最初の翔ちゃん(櫻井)のあいさつでも言っているとおり、『夢の世界』『夢の空間』でもあるし、我々と、ファンの人が一緒に夢を見れる空間のなかで…僕は最初、ラジオで報告させてもらったんですけど、自分の報告は自分の口でしようと決めていました」と自らの考えをまっすぐな瞳で語った。

 一方でツアー終了後ではなく、それを待たずの発表になったことについては「事務所と前々から相談していて、流れがあって、20年を迎えたらそこにしましょう、と言っていたらひと段落するのがそこだった」といい、ファンに向けて「どうしても突然になってしまうのでご心配をおかけして申し訳ないと思っています」と謝罪。

 「本当に結婚をする前と後ではなく、変わらず二宮和也、嵐として頑張っていきたい。変わらず応援していただけたらありがたい。際の際まで楽しい思い出を作っていきたい」と気持ちを新たにした。

 終始、丁寧にひとつひとつの質問に答えていった二宮は、最後にファンが結婚報告をした際にSNS上で「#二宮和也死ぬ気で幸せになれ」というハッシュタグが盛り上がりをみせたことについて聞かれると、思わず笑って「そんなこと言っていただいて、ありがたい」と眉毛を下げながら感謝していた。

最終更新:2019/12/19(木) 21:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ