ここから本文です

【朝日杯FS】武豊「勝った馬が強かった」レース後ジョッキーコメント

2019/12/16(月) 6:12配信

競馬のおはなし

 12月15日、阪神競馬場で行われたG1・朝日杯フューチュリティステークスは、1番人気に支持されたサリオスが無傷の3連勝を決めた。2着にはこのレース初勝利を目指した武豊騎手のタイセイビジョンが入り人気通りの決着となった。

朝日杯FS、レース後ジョッキーコメント
1着 サリオス
R.ムーア騎手
「良い馬に乗せて戴いて彼の勝利を皆さんに見せられて非常に嬉しいです。レースはスムーズに思い通りでした。好位にもつけられましたし、4コーナーで子供っぽさを見せましたが、最後の反応も良く他の馬を寄せつけませんでした。最後まで良く伸びてくれています。血統も良いですし、性格も頭もいい、体もだいぶ出来上がっているので明るい未来があると思います。今日みたいな走りを維持出来れば来年もいい活躍が出来ると思います」

2着 タイセイビジョン
武豊騎手
「思った通りの競馬は出来たのですが…勝った馬が強かったです。ペースも速く前は止まると思っていました。出来も良くマイルでも折り合いがつきました」

3着 グランレイ
池添謙一騎手
「後方からになりましたが展開が向きました。頭が高く、上へ上へという感じでしたが力のあるところを見せてくれました。これからの馬だと思いますし、来年がまた楽しみです」

4着 タガノビューティー
和田竜二騎手
「ゲートは出ましたし、展開もハマりました。能力も高く通用するものはあると思います」

5着 プリンスリターン
原田和真騎手
「被される場面もありスムーズさに欠けけましたが、最後にもう一度伸びてくれました」

7着 ビアンフェ
藤岡佑介騎手
「ゲートもスムーズでしたし、いいペースで運べました。頑張っています。来年に期待です」

8着 ラウダシオン
C.ルメール騎手
「16番ゲートから良い位置が取れました。直線では狭いところに入ってリズムとバランスが悪くなってしまいました。最後また伸びてくれましたが距離は少し長いのかもしれません」

9着 ウイングレイテスト
松岡正海騎手
「良いポジションを取れました。今日みたいなタフな競馬になると脆さがでました」

1/2ページ

最終更新:2019/12/16(月) 6:12
競馬のおはなし

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事