ここから本文です

【MLB】田中将大が筒香のレイズ加入を歓迎 同地区に「やっと日本人が来てくれた」

2019/12/16(月) 13:40配信

Full-Count

16日は古巣・楽天の球団事務所に挨拶に訪れる

 ヤンキースの田中将大投手が16日、楽天の球団事務所に挨拶に訪れた。同じア・リーグ東地区に属するレイズに筒香嘉智外野手が加わることが決まり、右腕は同地区での日本人対決を歓迎した。

【動画】田中将大の“渾身”の空振り三振にチームメイトは手を叩いて大爆笑

 2年総額1100万ドル(約13億円)でレイズに加入が決まった筒香。楽天生命パークに隣接する室内練習場で報道陣に対応した田中は「やっと東地区に日本人が来てくれたな、と。ここしばらく僕1人でしたし。これでスプリングトレーニングにメディアの方が東の方にも来てくれるかな、という思いです」と冗談めかして語り、筒香のレイズ入りを喜んだ。

 同じ地区で優勝を争うライバルとなるヤンキースとレイズ 。今季もヤンキースが地区優勝、レイズが2位だった。「20試合くらいあるんですか? 確実に対戦することがあると思うので楽しみですね」。2010年にDeNAに入団した筒香との対戦経験はなく、メジャーの舞台での初対戦に胸を躍らせた。

 レイズを「強力なライバルであることはもちろん変わりはないです。筒香選手が入ったことで絡めたいのかもしれないけど、それは入ろうが入らまいが変わらないです」と語った田中。来季はヤンキース対レイズ、田中対筒香の熱い戦いを何度も見られることに期待したい。

高橋昌江 / Masae Takahashi

最終更新:2019/12/16(月) 15:50
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事