ここから本文です

呼吸ない…偶然近くにいた看護師、妻の命救って立ち去る 夫が看護師探すと…看護師から連絡「無我夢中で」

2019/12/17(火) 6:15配信

埼玉新聞

 埼玉県久喜市内の路上で、意識を失った妻の救命措置をした女性看護師に、夫が感謝の気持ちを伝えたいと本紙で掲載した記事を読み、市内に住む看護師、根生(ねおい)育枝さん(27)が16日、自身が救命措置をしたと埼玉新聞に連絡を寄せ「(女性が)無事と知り安心した。役に立てて良かった」と安堵(あんど)していた。

意識失った女性、夫パニック…偶然近くにいた女性看護師が救う 名前聞けず看護師が立ち去る「お礼伝えたい」

 7日午前10時半ごろ、車で久喜駅に向かっていた栃木県鹿沼市の女性(62)が、久喜市本町6丁目の路上で意識を失った。運転していた夫(69)が119番。近くにいた根生さんが救命措置をし、女性は一命を取り留めた。

 根生さんは現場から近い新久喜総合病院(久喜市上早見)の看護師。当日、勤務が休みだった根生さんは、母まゆみさんと近くのレストランで食事をする予定だった。開店前の列に並んでいるとき、道路脇で大きな声を出している男性の姿に目を留めた。

 近づくと男性は電話片手に興奮した様子で助手席の女性の心臓マッサージをしていた。女性は呼吸がなく、脈も取れない状態。根生さんは「看護師なので代わります」と声を掛け、救命措置に当たった。

 心臓マッサージを続けると、徐々に反応が戻り、弱いながらも脈が触れてきた。気道を確保して声を掛けると、女性は少しずつ言葉を発するようになってきたという。「会話ができるようになり、ちょっと安心した。救急車もすぐ来てくれた」と根生さん。

 その後も、女性のことは気掛かりだったという。16日夕、病院から帰りがけ、職場で救命措置をした看護師のことがうわさになっていることを知り、埼玉新聞に連絡を寄せてくれた。根生さんは取材に対し「あの時は私も無我夢中でした。(女性が)回復したと知り安心しました。役に立てて良かったです」と語った。

最終更新:2019/12/17(火) 14:06
埼玉新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事