ここから本文です

子猫を死亡させた疑い、男逮捕 駅ロータリーの床にたたきつける「殺すつもりなかった」/東入間署

2019/12/18(水) 8:30配信

埼玉新聞

 埼玉県の東入間署は17日、子猫を床にたたきつけ死亡させたとして、動物愛護法違反の疑いで、三芳町みよし台、会社員の男(40)を逮捕した。

重いやけどの猫、2匹相次ぐ さいたまの自治会「虐待やめて」 診察の愛犬病院「死亡しておかしくない」

 逮捕容疑は7月16日午後9時ごろ、富士見市東みずほ台1丁目、東武東上線みずほ台駅東口ロータリーで、生後約3か月の雌猫をタイル張りの床にたたきつけ、死亡させた疑い。「たたきつけたのは間違いない。殺すつもりはなかった」と供述しているという。

 同署によると、目撃した同市の20代の女性会社員が110番。署員が駆け付けた際、子猫は死亡しており、男は立ち去っていた。解剖の結果、子猫の死因は胸を圧迫されたことによる肺挫傷と判明。現場周辺の防犯カメラなどから男を特定した。

最終更新:2019/12/18(水) 11:41
埼玉新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事