ここから本文です

大しめ縄飾り付け 無病息災など祈願 郡山の豊景神社

2019/12/18(水) 10:02配信

福島民報

 県重要無形民俗文化財の「豊景神社の太々神楽」を伝承している郡山市富久山町の豊景神社で十五日、楽人らが神社に奉納する大しめ縄を作り、境内に飾り付けた。

 しめ縄奉納は豊作や家内安全、健康、無病息災などを祈願し、新年を迎えるための儀式で、一九六三(昭和三十八)年から毎年行っている。楽人らはわらを使ってさまざまな大しめ縄を作り上げた。奉納した後、神社の拝殿や鳥居などに飾り付けた。

最終更新:2019/12/18(水) 10:02
福島民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ