ここから本文です

三浦瑠麗氏、伊藤詩織さん勝訴に「重要なプロセス」と祝福、山口氏側の発言には抗議

2019/12/18(水) 17:49配信

デイリースポーツ

 国際政治学者の三浦瑠麗氏が18日、ツイッターに新規投稿。ジャーナリスト伊藤詩織さんが元TBS記者山口敬之氏から性暴力を受けたとして1100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で東京地裁が山口氏に330万円の支払いを命じたことを受け、「被害者の自尊心と自我を守るためにとても重要なプロセス」と敬意を表した。一方、山口氏の会見同席者の発言に「無知と偏見からくるバッシング」「性被害者を貶めるもの」と抗議した。

 三浦氏は「詩織さんが東京地裁で勝訴したとのこと」と切り出し、「裁判中はつらい体験もあったと思いますが、被害者の自尊心と自我を守るためにとても重要なプロセスだったろうと思います。おめでとうございます」と祝福した。

 山口氏は伊藤さんから名誉を毀損されたなどとして慰謝料1億3000万円や謝罪広告掲載を求めて反訴していたが、判決では「酩酊状態だった原告の合意がないまま行為に及んだ事実、意識回復後も性行為を継続しようとした事実を認めることができる」として同氏の不法行為が認定される一方、名誉毀損による不法行為にはあたらないとして反訴を棄却。この判決を不服とする山口氏は控訴する方針で、同日、都内で会見した。

 三浦氏はその会見について「現在山口氏側の会見が行われているが、小川榮太郎氏を手伝っているという女性の同席者が、性被害者が堂々と自分の意見を言うというのは信じられないという見解を述べている」と内容に触れた。同氏は「これは性被害者に対する典型的な無知と偏見からくるバッシングであり、性被害者を貶めるものとして強く抗議しておく」と訴えた。

最終更新:2019/12/18(水) 18:04
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ