ここから本文です

京都府のインフルエンザが注意報レベルに

2019/12/18(水) 17:23配信

両丹日日新聞

 京都府は18日、府内のインフルエンザが注意報レベルに入ったと発表した。感染症動向調査によると、第50週(12月9日7~15日)の定点(調査対象1医療機関あたり)の患者や報告数が、注意報の基準とされる10.00を超過する12.34に達した。

 地域別では最も高い中丹西が21.80、中丹東が16.38、南丹が11.44。ほかの地域も10.00前後だった。

 府は予防のための手洗い励行と「咳エチケット」を呼びかけている。

最終更新:2019/12/18(水) 17:23
両丹日日新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ