ここから本文です

「いろいろあった」と浅倉カンナ「最強のメンタル」手に入れる【12・29 BELLATOR】

2019/12/18(水) 17:29配信

TOKYO HEADLINE WEB

「BELLATOR JAPAN」(12月29日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)に出場する浅倉カンナが12月18日、千葉・柏のパラエストラ柏で公開練習を行った。

 浅倉はRIZIN提供試合でアメリカの老舗MMA団体KOTCの現アトム級王者ジェイミー・ヒンショーと対戦する。

 この日は「RIZIN.20」(12月31日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)に出場する扇久保博正と2分間のマススパーリングを行った。

 浅倉は11月末に交際していた那須川天心との別離をSNS上で報告。その後も何度か悩み深げな投稿が見られたのだが、この日は「今回もいろいろあったんですが、メンタル部分では最強かなと思っているんで。追い込みも最終段階なのでしっかり調整して試合に挑めれば」と自ら口に出す。

 この「最強のメンタル」についてはともに会見した扇久保の「そこが一番気になりますね…」という突っ込みに「本当に大丈夫なんで。そこを乗り越えて、今回試合に出るんで。決まったことについてはやらなきゃいけないんで」と返答。なおも扇久保が「地獄ですよ。凄い。俺なら戦えない…」と感心すると「やめてくださいよ。掘り返さないでください(笑)」と笑顔で返すなどその辺はすっかり吹っ切ったよう。

 浅倉は試合前には悪夢を見るというのが恒例なのだが、「今回はまだ見てない。見るんじゃないかと思います」と最初は言いながらも「怖い夢は今後見ないかもしれない。(メンタルが)強くなったので(笑)」と思わぬ副産物が生まれたよう。

 今回対戦するヒンショーはチョークを得意とするファイター。その対策については「普段から(チョークを)やられることはたくさんある。その中で逃げる練習はできているので、特別逃げる練習はしていない。前回、打撃で試合をして打撃に自信がついたので、今回は打撃も寝技も上手く混ざればいつもと違う自分が出せると思う。(相手の土俵でも)自信を持って戦えると思う。いつも通り自分もテイクダウンを狙いに行くつもり。その中での攻防になると思うが、その対策もしているので自信を持って戦えれば大丈夫じゃないかなと思う」などと自信を見せた。

1/2ページ

最終更新:2019/12/18(水) 17:29
TOKYO HEADLINE WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事