ここから本文です

仙台の新監督は山形を率いていた木山隆之監督に決定!J1クラブで初の指揮

2019/12/19(木) 14:49配信

超WORLDサッカー!

ベガルタ仙台は19日、新監督にモンテディオ山形を率いていた木山隆之氏(47)が就任することを発表した。

【まとめ】J1、J2、J3リーグ最新移籍情報を網羅!

木山氏は、ガンバ大阪やコンサドーレ札幌(現北海道コンサドーレ札幌)、水戸ホーリーホックで現役時代を過ごし、引退後は指導者の道を歩んだ。

2003年に筑波大学の監督に就任すると、2005年から2007年まではヴィッセル神戸ユースの監督を務め、2008年から2010年まで水戸ホーリーホックを指揮。その後は、清水エスパルスのヘッドコーチ、ジェフユナイテッド千葉の監督、神戸のコーチ、愛媛FCの監督を歴任し、2017年から山形の監督に就任。3シーズン率いていた。

今シーズンは明治安田生命J2リーグで20勝10分け12敗の6位に。J1参入プレーオフに臨むと、1回戦では大宮アルディージャを下すも、2回戦で徳島ヴォルティスに敗れ、J1昇格を逃していた。

仙台は渡邉晋監督が2014年から6シーズン指揮を執っていたが、今シーズン限りで退任していた。初のJ1で指揮を執る木山監督はクラブを通じてコメントしている。

「ベガルタ仙台のファン、サポーター、クラブを支えていただいているみなさま、はじめまして。監督に就任することになりました」

「クラブが25年間で積み重ねたものを発展させ、躍動感あふれるチームづくり、見ている方々の心を熱くさせたいと思っています。ベガルタゴールドに染まるユアテックスタジアム仙台で、ともに勝利を目指して戦えることを心から楽しみにしています」

「クラブに対しまして、力強い後押し、何とぞよろしくお願いいたします」

超WORLDサッカー!

最終更新:2019/12/19(木) 14:49
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事