ここから本文です

ベネディクト・カンバーバッチ主演最新作映画、“電流戦争”を描く「エジソンズ・ゲーム」4月公開

2019/12/20(金) 16:29配信

CDジャーナル

 壮絶なビジネスバトル“電流戦争”を描いた映画「The Current War(原題)」の邦題が「エジソンズ・ゲーム」に決定し、2020年4月に東京・TOHOシネマズ日比谷ほかにて全国ロードショー。公開に先駆け、日本版ポスターが公開されています。

 本作は、アメリカ初の電力送電システムを巡る、エジソンとライバルたちの闘いを描く“電流戦争”。天才発明家エジソンを演じるのは、『イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密』で〈アカデミー賞〉にノミネートされたベネディクト・カンバーバッチ。対するライバルのウェスティングハウスには『シェイプ・オブ・ウォーター』のマイケル・シャノン。さらに、2人の対決の鍵を握る若き天才科学者テスラに『女王陛下のお気に入り』のニコラス・ホルト、エジソンを支える助手を『スパイダーマン』最新シリーズのトム・ホランドが演じます。

 公開されている日本版ポスターは、天才エジソンと宿敵ウェスティングハウスの真剣な眼差しと「天才発明家 VS カリスマ実業家」のコピーで、既に激しいバトルが繰り広げられているかのような描写。そして、エジソンの右腕であるインサルとウェスティングハウスの共同研究者である二コラ・テスラの凛々しくも麗しい姿がヴィジュアルを彩ります。中央にはアメリカ合衆国の陣取り合戦を表す電飾が光り、この戦いには正義やルールなど必要ない、男たちのプライドと野望に目を奪われるヴィジュアルとなっています。

(C)2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved.

最終更新:2019/12/20(金) 16:29
CDジャーナル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事