ここから本文です

<ロッテ>涌井、金銭トレードで楽天へ

2019/12/20(金) 12:15配信

千葉日報オンライン

 プロ野球・千葉ロッテマリーンズの涌井秀章投手(33)が19日、金銭トレードで東北楽天ゴールデンイーグルスに移籍することが決まった。両球団が同日発表した。涌井は「今まで通り勝つための努力と準備は変わらない。ファンの皆さまにはどんな時も応援していただき心強かった。その声援は僕の宝物」とコメントした。

 先発投手の補強が必要な楽天と若い先発投手起用のめどが立ってきているロッテとの思惑が一致した。背番号は16となり、23日に仙台市の楽天生命パーク宮城で記者会見を行う。

 千葉市美浜区のZOZOマリンスタジアムで取材に応じたロッテの松本尚樹球団本部長は「若い投手が特に先発で増えてきた。彼のこだわりは先発。楽天からも(獲得の)話が来ていたので(涌井の)気持ちも考えた」と涌井の起用増加を見据えたトレードと説明した。

 涌井は松戸市出身。神奈川・横浜高から2004年のドラフト1位で西武に入団した。国内フリーエージェント(FA)権を行使して14年から地元のロッテでプレー。07、09、15年に最多勝を獲得したが、今季は18試合で3勝7敗、防御率4・50と精彩を欠いた。通算成績は417試合で133勝128敗37セーブ、防御率3・51。

最終更新:2019/12/20(金) 12:15
千葉日報オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ