ここから本文です

大人気の「THE NORTH FACE」「MOUNTAIN EQUIPMENT」…この冬に着たい「アウトドアにおすすめのダウン」

2019/12/21(土) 11:10配信

TOKYO FM+

さまざまな趣味と娯楽の奥深い世界をご紹介するTOKYO FMの番組「ピートのふしぎなガレージ」。12月14日(土)放送のテーマは「羽毛」。「L-Breath 御茶ノ水店」メンズウェア担当の若林洋一さんに「アウトドアにおすすめのダウン」について伺いました。
(TOKYO FM「ピートのふしぎなガレージ」2019年12月14日(土)放送より)

── この冬、おすすめのダウンはありますか?

最近はキャンプ用のダウンが人気ですね。キャンプをしていると焚き火の火の粉が飛んできて、普通のナイロン生地だと穴が開いてしまうこともあります。そこで外側に難燃性の素材を使った、火の粉に強いダウンが人気なんです。

難燃性の素材は、普通のダウンジャケットと比べるとちょっとごわつく手触りで、普通のジャケットみたいな印象を受けると思います。でも中に入っているのは羽毛なんです。滋賀県の「NANGA」というブランドからは、そのものズバリ「TAKIBI DOWN JACKET」という製品も発売されています。価格は税込みで5万6320円。冬のアウトドアでぜひ使っていただきたいダウンです。

── 他にもおすすめはありますか?

人気ブランド「THE NORTH FACE」からは、インナーのダウンを取り外せる「グレース トリクライメイト ジャケット」が発売されています。これはジャケットだけとか、ダウンだけでも着られる優れモノ。暖かい春先はダウンを外して、ジャケットだけ着るような調整が可能です。

フードのファーも苦手な人は取り外せます。防水ではありませんが、撥水加工されているのも便利です。調整することで長い期間着られたり、さまざまなシーンに対応できたりするのが人気の理由でしょう。価格は税込みで4万4000円。ジャケットだけ、ダウンだけの着こなしもできることを考えれば、かなりお買い得な製品だと思います。

── 最近のダウンジャケットはどんなデザインが流行りなんでしょう?

70~80年代のデザインを復刻させた製品も増えています。例えば「MOUNTAIN EQUIPMENT」というブランドから出ているのが「RETRO LIGHTLINE DUVET」。生地を触った感触がちょっと硬くてザラついた感じで、レトロな雰囲気のダウンジャケットです。

一番レトロな感じを出しているのが、わざわざ昔のロゴを使った胸のブランドマーク。でもカーキ色のジャケットの袖口に黒が入っているので、デザイン的に古くさいという印象はありません。女性のお客さまが試着されることも多い製品です。価格は税込み3万7400円。ダウンジャケットはお気に入りの一着を見つけて、ぜひ長く着てください。

最終更新:2019/12/21(土) 11:10
TOKYO FM+

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事