ここから本文です

【ホープフルS】勝って有終の美を飾る!当日まで覚えておきたい4つのデータ

2019/12/22(日) 17:00配信

SPAIA AI競馬

見逃せない一戦 ホープフルS

有馬記念の次は金杯というのはもはや昔の話。早くも恒例になりつつあるJRA最後のGI、ホープフルSは未来に馳せる、翌年のクラシック戦線を占う意味で見逃せない一戦。

2019年ホープフルSに役立つデータ

コースは4月の皐月賞と同じ中山2000m、昨年の勝ち馬サートゥルナーリアは皐月賞馬となり、ホープフルSの価値を押し上げた。また、ファンにとっては気持ちよく年を越すために的中させておきたいレースでもある。

GI昇格は2017年。データとしてはわずか2年と心細いので、2014年のGII昇格後からの5年間を使用する。

人気別成績をみると、1番人気は【3-1-0-1】と堅調。勝ち馬も5年間はすべて3番人気以内。10番人気以下の馬券絡みはなく、複穴は【0-2-1-2】の8番人気が目立つぐらいなので、フルスイングの一発長打ではなく、あくまでグリップを短くミートに徹するべきだろう。

人気がレース結果に直結しやすいというのは穴党には悩みの種だが、馬券検討を比較的容易にできるというメリットもある。また、人気に比例して前走着順も顕著な傾向を示しており、前走1着馬が【4-5-5-29】と抜けている。さらに、2018年は1~3着を独占している。5年で4頭の勝ち馬が出ているので信用するには十分。

該当しなかったのは2017年タイムフライヤーのみだが、それでも前走2着。クラシック戦線はトーナメント戦に近く、勝ち上がりと勝ち残りのニュアンスが強い。来春のトライアル~本番まで見渡しても、大敗からの巻き返しという例は少ない。これは翌春まで覚えておこう。ホープフルSでは前走3着以下からの巻き返しすらない。まずは、出走表で前走着順をチェックするべきだろう。

登録馬のなかで前走1着、かつ上位人気が予想されるコントレイル、ワーケア、オーソリティは馬券からは外せまい。

実績より経験が重要

サンプル数を考えると断然有力な前走1着馬を詳しく掘り下げる。先述の3頭以外にも馬券圏内に入るような馬はいるだろうか。

前走1着馬のクラス内訳をみると、GIIIを勝った馬はホープフルSで【0-1-1-0】、GIIを勝った馬は【0-1-0-0】と馬券圏内には入るが、勝ちきれない。東京スポーツ杯2歳S(GIII)を勝った馬といえば、18年ニシノデイジー3着が記憶に新しい。データサンプルが乏しいので、上位人気必至のコントレイルを1着で狙うのは危険と断言できないが、このデータを打破できるかは注目だろう。

そもそも、東京スポーツ杯とホープフルSでは問われる経験値が異なる。いわゆる競技が違うという感覚だ。直線での爆発力が武器になる東京芝1800mでの好走がコーナリングの器用さと、一瞬の加速を必要とする中山芝2000mに応用できるかどうか。ここはしっかりコントレイルの走りを見極めたい。

対して新馬勝ち直後だった馬は【2-0-2-5】と一見して優秀だが、勝ち馬2頭はいずれもGII時代のもの。そのため、GI昇格後はステイフーリッシュ3着があるのみで、やや信頼度は落ちる。前走1勝クラス1着馬は【1-2-1-4】と堅実な印象。18年アドマイヤジャスタが2着、GII時代だが16年レイデオロの1着も該当する。

また、オープン特別組は【1-0-0-3】と勝ったのが18年サートゥルナーリアで、萩S1着からの参戦だった。サートゥルナーリアの萩Sでの勝ち時計は、良馬場で1分49秒6。今年の勝ち馬はここに登録があるヴェルトライゼンデで、勝ち時計はやや重で1分50秒8。秋の京都は、この2年ともやや時計がかかるパワー型向きの馬場状態だったことを考えると、ホープフルSとつながる可能性が十分にある。

最後に、騎手に関するデータをあげる。クラシック戦線を戦う上でパートナーとの信頼関係は重要な要素だ。ホープフルSは、クラシック戦線の前哨戦らしく継続騎乗が【4-2-4-28】と乗り替わり、【1-3-1-30】を圧倒。コントレイルは同馬に騎乗経験がある福永祐一騎手だが、乗り替わりは気になるところ。

【まとめ】
・上位人気
・前走1着馬
・前走クラスは1勝クラスかオープン特別
・継続騎乗

これら4つデータに該当する馬を登録馬から探すと、オーソリティとワーケアが浮上。同じ中山芝2000mで勝ったオーソリティの上がり最速33秒8は圧倒的だった。ワーケアは東京スポーツ杯2歳Sと同じ東京芝1800mのアイビーS1着からの参戦だが、当日は重馬場であり、デビュー戦もやや重。パワー勝負でもひけはとらないだろう。

《ライタープロフィール》
勝木 淳
競馬ライター。競馬系出版社勤務を経てフリーに。優駿エッセイ賞2016にて「築地と競馬と」でグランプリ受賞。中山競馬場のパドックに出没。主に競馬のWEBフリーペーパー&ブログ『ウマフリ』にて記事を執筆。

勝木淳

最終更新:2019/12/22(日) 17:00
SPAIA AI競馬

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ