ここから本文です

「老後破綻」を避けるには? わかりやすい3つのポイント

2019/12/22(日) 20:15配信

LIMO

2019年も、もうあとわずか。今年は、老後2000万円問題や人生100年時代の到来など、老後にフォーカスされることの多い1年となりました。

人生100年時代において、どう人生を過ごすのか、理想の生活を送るためにどのように老後資金を準備するのか、また資産をどう活用するのかなどが切実な問題となっています。

これからの時代に求められるのは、資産の賢い「形成」「維持」「取り崩し」方法です。今回は、この3つのキーワードにフォーカスしていきたいと思います。

老後の資産を考える際の「3つの視点」とは?

人生100年時代においては、早い段階から将来のための資産形成に取り組み、定年後もなるべく運用を続けることで、資産を取り崩すスピードを緩めるのが重要です。

これまでは、学校を卒業して就職したら終身雇用、収入も年功序列で段々と上がり、60歳でそれなりの退職金をもらい退職。公的年金を受け取りながら、それまでに預貯金などで準備してきた老後資金を取り崩しながら生活をしていくというのが一般的なモデルでした。

金融資産は退職金を受け取った時がピークで、リタイア後は資産を取り崩す生活に入り、資産が減少していくというパターンです。

ですが、退職後の時間が長い人生100年時代においては、同じようなモデルは成り立ちません。リタイア後の生活が長いため、早めに取り崩してしまうと、老後生活の途中で資産は底をついてしまいます。

それを防ぐためにも、資産を3つの視点で考えていく必要があります。老後に向けて少しで多くの資産を積み上げる「資産形成」、なるべく資産のピークを保つ状態を維持するための「資産維持」、そして効果的な「資産取り崩し」です。

老後に向けた準備は”細く長く”継続するのがポイント

まずは、「資産形成」としての運用について見ていきましょう。

重要なのは、なるべく多くの資産を老後に向けて準備することですが、一方で教育資金や住宅資金など老後以外にも必要な支出があります。

多くの場合、まずは教育費、住宅費、最後に老後資金準備と、老後資金準備が一番後回しになりがちです。教育費の目途が立つのが、50代のケースも多く、準備する期間が短くなってしまうと手遅れ感があります。

老後資金準備は、早いうちから細く長く継続すると効果的なので、早めに考えることが重要となります。60歳になるまでに1000万円のお金を貯めるには毎月いくら必要でしょうか。仮に3%(複利)で運用できるとしたら、50歳からの10年間で1000万円貯めようとすると、毎月約7.16万円の積み立てが必要となります。

これが40歳からだと約3.05万円/月、30歳からだと約1.72万円/月となります。このように、少額でもなるべく早くからスタートし、長く継続する重要性が分かるかと思います。

老後資金準備には、iDeCoやつみたてNISAといった税制優遇のある制度の活用をお勧めします。iDeCoは60歳まで引き出せないなど制限がありますので、教育費や住宅ローンの返済を確保した上での積み立てをしてきましょう。

1/2ページ

最終更新:2019/12/22(日) 23:16
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ