ここから本文です

イスラム国、再びイラクで勢力を増す

2019/12/23(月) 16:08配信

BBC News

オーラ・ゲリン、BBCニュース、イラク北部で

イスラム国(IS)が、イラクで最後の占領地を失ってから2年たち、同国で再び組織化を進めていることが明らかになりつつある。クルドと欧米の情報当局者はBBCに、ISはイラクにおいて洗練された反政府組織となっており、ISによる攻撃も増加していると話した。

クルドの対テロリズム当局のトップを務めるラフール・タラバニ氏によると、ISはすでにアルカイダを上回る技術をもち、より危険な組織になっているという。

「優れた技術、優れた戦術、自由に使える多大な資金をもっている」と、タラバニ氏は言う。「車両や武器、食料の補給、道具を買える。技術的にはより洗練されている。彼らを追い出すのは、さらに難しくなっている。ステロイド注入で勢いづいたアルカイダのようなものだ」

■「再建段階は過ぎた」

タラバニ氏は、イラク北部クルド地区スレイマニヤで取材に応じ、ISがこの1年の間にイスラム国家を再建してきた様子を語った。

「ISの活動は活発化している。再建の段階は終えたようだ」と言うタラバニ氏は、イラクのクルド自治区に2つある情報機関の1つ、ザニアリ局を率いる。

同氏によると、種類の異なるISが台頭している。標的にされるのを避けるため、以前のように領土を持つつもりはない。その代わり、自分たちより先に台頭したアルカイダと同じく、イラクのハムリン山地に潜伏しているという。

「ここが現在のISIS(イスラム国)の拠点だ」とタラバニ氏は言う。「山脈は長く連なり、イラク軍が掌握するのはとても難しい。隠れ場や洞穴がたくさんある」

タラバに氏はまた、ISが現在のバグダッドの政情不安で勢いを増し、少数派であるイスラム教スンニ派の疎外感を利用するだろうと警告する。これはイラクにおいて流血の事態を招いてきた、見慣れた構図だ。

「政情不安になれば、ISISにとってはまるで天国かクリスマスが早く来たみたいな、ありがたい事態だ」

■戦闘員100人増強

ISは、イラク政府とクルド自治政府の関係のこじれも利用している。クルド自治政府は、2017年の住民投票でクルド地区の独立を決めたことを受け発足した。

イラク北部では現在、クルドの治安部隊ペシュメルガとイラクの治安部隊の間に、誰の支配下にもない中間地帯が広がっている。タラバニ氏によると、この地域をパトロールしているのはISだけだという。

イラク北部グウェルの町を見下ろす丘の上に土嚢(どのう)を積んで作った見張り台で、ペシュメルガのシルワン・バルザニ司令官は、ISが現在、この中間地帯を自由に支配していると話す。

「大ザブ川とチグリス川に挟まれた三角州に、彼らは永久にとどまっていると言える」

「チグリスに近い場所ではISの活動があまりに多い。私たちは日に日に、ISISの動きと活動を目にしている」

ペシュメルガの報告書によれば、この地域のISの戦闘員は最近、約100人増強されたという。戦闘員らはシリア国境を越えて来ており、自爆ベルトを着用した外国人もいるという。

ペシュメルガが2014年8月にISに最初の攻撃を仕掛けたのは、グウェルの丘の上からだった。バルザニ氏ら現地にいる人々は、歴史は繰り返していると話す。

「2019年は2012年と似ている」とバルザニ氏は言う。「結成当初のISは組織を固め、住民から税金を徴収し始めていた。もし現状のまま行けば、2020年には彼らはいっそう態勢を進め、一段と強力になって、これまで以上の攻撃を実行するだろう」

クルド情報機関の当局者は、イラクのISは1万人強に上ると推定している。うち、4000~5000人が戦闘員で、ほぼ同数の潜伏戦闘員や支持者がいるとみている。

タラバニ氏は、国際社会は心配するべきだと警告する。「この土地がISにとって居心地良い場所になればなるほど、ISはがイラクとシリア以外での作戦を検討するようになる」。

■圧力をかけ続ける

イラク駐留米軍の司令官ウィリアム・シーリー准将は、ISは再建を狙っているが、今回はイラクとクルドの治安部隊からの異なる反応に直面していると話す。

シーリー氏によると、それらの治安部隊は、ISがイラクの3分の1を掌握し、第2の都市モスルをほぼ無抵抗で手中に収めた2014年よりも準備が整っているという。

「ISF(イラク治安部隊)とペシュメルガは、モスル陥落の時のままではない」、「我々は彼らを訓練してきた。ISFは反ISの動きを維持させるため、すぐに出動できる状態を保っている」

シーリー氏は、10月中旬からの1カ月間で、ISFが170回の「掃討作戦」を実施し、約1700個の爆発装置を破壊したことに言及。

IS戦闘員は現在、「誰も長期間耐えられない環境」の洞穴や砂漠地帯に隠れ、大規模な動きは取れないでいるとした。シーリー氏が着任してから半年の間、大きな戦隊としての動きはほとんどなく、最大でも15人規模だったという。ただし、ISIS戦闘員は1人でも多すぎると付け加えた。

ISの活動は今のところ、夜陰での動きに限られている。夜中に現れ、攻撃を実行して逃げる。しかし、イラクではかつて、こうした初期的段階からテロ活動がかくだいした。クルド地区とイラク西部に、新たな脅威が訪れるのを心配する人もいる。

(英語記事 Islamic State 'getting stronger again in Iraq' )

(c) BBC News

最終更新:2019/12/23(月) 16:08
BBC News

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事