ここから本文です

麻酔薬が主成分の新たな抗うつ薬とは…大学の研究者に聞いた

2019/12/24(火) 9:26配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 今年3月、FDA(アメリカ食品医薬品局)が30年以上ぶりに、米J&J社のうつ病治療の新薬「エスケタミン」を承認。どういう薬か?

 新薬「エスケタミン」の主成分は「ケタミン(S型)」。国内で率先してうつ病治療におけるケタミンの効果を研究する千葉大学の橋本謙二教授は「従来のうつ病治療薬には見られなかった劇的な効果がケタミンにある」と指摘。

 ケタミンは1970年代に麻酔薬として認可。その後、幻覚や妄想などの副作用からパーティードラッグとして乱用され、日本では2007年、麻薬及び向精神薬取締法の麻薬に指定。特定の症例にのみ使われてきた。

「一方で、米国でケタミン乱用が大きな社会問題になった時期、ケタミンに抗うつ作用があるのではないかとの指摘もあったのです。00年、米エール大学がケタミンに抗うつ作用があることを発表。同様の続報があり、注目が高まりました」

■即効性が特徴も幻覚や妄想などの副作用が

 抗うつ薬としてのケタミンの特徴は即効性だ。服薬後2~3時間で効果が表れ、1週間ほど持続。従来の抗うつ薬では3割の人に効果が見られない難治性うつ病にもケタミンは効果を発揮。難治性うつ病対象の研究では、7~8割の患者に効果を示すようだ。

「マウスの実験から得た結果がすべての人間にも同じ効果を反映するとは言えない。しかし、ケタミンの場合、うつ病患者でまず効果が確認された点が大きいのです」

 問題は前述の通り、幻覚や妄想などの副作用がある点だ。そのため、FDA認可のエスケタミンは「限られた医療機関でのみ処方」「必ず医師の目の前で投与。自宅への持ち帰りは禁止」などの規制がある。

 しかし、この副作用に関しても、今後は違う展開が見られるかもしれない。橋本教授もケタミンの抗うつ薬の承認に向けて動いているさなかだが、橋本教授が取り扱っているケタミンの「R型」は、先に承認された「S型」と異なり、副作用が少ない可能性があるのだ。

 ケタミンはそもそもR型とS型が1対1で存在する。ケタミンの抗うつ作用について、はっきりとした作用機序はまだ分かっていないが、「NMDA受容体に働きかけるため」と考えられ、NMDA受容体により強く作用するS型の方が抗うつ作用に優れているとされてきた。ケタミンに続けとばかりに多くの製薬企業がケタミン以外のNMDA受容体に作用する物質を開発。抗うつ作用の臨床試験を行ってきた。

「ところがすべての新規化合物が失敗。ということは、ケタミンが持つ、NMDA受容体への作用以外の“何か”が抗うつ作用をもたらしていると考えられる。そこで、NMDA受容体への作用が弱い、言い換えれば、それ以外の“何か”を持っているR型の研究を始めたのです」

 当初は“S型派”が優勢だったが、16年、米メリーランド大学や米国衛生研究所(NIH)の研究者が世界的権威の医学誌「ネイチャー」に、橋本教授の主張を裏付ける論文を発表。現在は、R型への抗うつ作用への期待が高まるばかりだ。なお、S型ケタミンの第3相臨床試験では、全5本のうち2本しか偽薬に対し優位性を示せなかった。この結果から「S型ケタミンにも抗うつ作用があるが、ケタミンの抗うつ作用を主に担っているのはR型では」と、橋本教授は考えている。

「ケタミンの副作用は、NMDA受容体が関与していると推測されている。NMDA受容体への作用が弱いR型を抗うつ薬の主成分とすれば、副作用も見られない可能性が高い」

 橋本教授のR型ケタミンは最近、臨床試験が始まった。結果が出るのはそう遠い未来ではない。

最終更新:2019/12/24(火) 9:26
日刊ゲンダイDIGITAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事