ここから本文です

レノファ山口、菊池選手はJ1神戸へ移籍

2019/12/25(水) 13:59配信

宇部日報

 サッカーJ2レノファ山口は24日、DF菊池流帆選手(23)の完全移籍、FW宮代大聖選手(19)とGK永石拓海選手(23)の移籍期間満了、MF高井和馬選手(25)とMF吉濱遼平選手(27)の契約更新を発表した。
 
 菊池選手はJ1ヴィッセル神戸に移籍する。今季レノファに加入し、リーグ戦35試合で3得点を記録。「山口での1年間で、大きく成長させてもらいました。J1昇格への力になりたいと考えましたが、オファーをもらった際にわくわくが止まりませんでした。自分は成長しに行くのではなく、成功しに行くんだと山口の皆さんに理解してもらえればと思います。山口が大好きです」とコメントした。
 
 宮代選手は今季、J1川崎フロンターレから期限付きで加入。リーグ戦19試合に出場し2得点を挙げた他、U-20ワールドカップの日本代表に選ばれた。「半年という短い間でしたが、いいときも悪いときも変わらず応援していただきありがとうございました。この経験を生かして今後も頑張ります」との言葉を残した。
 
 永石選手は防府市出身。今季J1セレッソ大阪から育成型期限付き加入したが、公式戦での出場は無かった。「地元である山口県で多くの方から声援をいただきました。この悔しさを胸に、次のシーズンは活躍できるよう努力していきます」とコメントした。
 
 高井選手は2018年に加入。今季はリーグ戦38試合に出場し8得点と活躍した。
 
 吉濱選手は今季加入し、リーグ戦32試合で5得点を決めている。

最終更新:2019/12/25(水) 13:59
宇部日報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事