ここから本文です

序盤戦屈指の好カードは福大大濠に軍配、開志国際との競り合いを6点差で制す

2019/12/25(水) 17:44配信

バスケットボールキング

 12月25日、武蔵野の森総合スポーツプラザにて「SoftBank ウインターカップ2019 令和元年度 第72回全国高等学校バスケットボール選手権大会」の男子2回戦が行われ、福岡大学附属大濠高校(福岡県)と第3シードの開志国際高校(新潟県)が対戦した。

【特設ページ】ウインターカップ2019

 試合開始から互角の展開となるも、開志国際はジョーンズ大翔(2年)の連続得点、高木拓海(3年)の3ポイントで一歩抜けだす。対する福大大濠もタイムアウトを挟んで立て直すと、横地聖真(3年)の得点でついていく。終盤には途中出場の岩下准平(1年)が2本の3ポイントを沈め、18-18で第1クォーターを終えた。

 次の10分間は福大大濠が先制してリードを奪う。岩下は引き続き好調を維持し、第2クォーター開始3分半の時点でこの日4本目の3ポイントをマーク。追う立場となった開志国際だが、小野功稀(2年)がバスケットカウントを決めると、板澤明日起(3年)、ジョーンズが続いて応戦する。それでも、この10分間は岩下が3ポイント4本を含む計15得点を挙げた福大大濠が相手を上回り、47-37でハーフタイムを迎えた。

 第3クォーター序盤は、岩下とジョーンズが点を取り合ってチームをけん引。その後は開志国際が詰め寄る場面もあったが、ミスが目立ちはじめてなかなか追いつけない。福大大濠は黒木丈(3年)や横地の得点でリードを保ち、8点リードで最終クォーターへ。

 反撃の糸口をつかみたい開志国際。ユセフを起点に攻めこんで5点ビハインドまで点差を縮める。福大大濠は横地がエースの働きで得点を伸ばすも、相手に意地を見せられて試合終了残り2分36秒で73-73。さらには板澤に3ポイントを決められて残り1分を切った時点で1ビハインドを背負った。

 それでも、そこから横地が立て続けに得点を奪って再逆転に成功し、最終スコア82-76でタイムアップ。組み合わせ決定直後から対戦が予想されていた注目カードは、福大大濠に軍配が上がった。

■試合結果
開志国際高校 76-82 福岡大学附属大濠高校(@武蔵野の森総合スポーツプラザ)
開志国際|18|19|21|18|=76
福大大濠|18|29|19|16|=82

BASKETBALL KING

最終更新:2019/12/26(木) 9:32
バスケットボールキング

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ