ここから本文です

工藤阿須加 54歳・鶴見辰吾に筋肉完敗「主食は常にプロテイン」

2019/12/26(木) 15:46配信

デイリースポーツ

 俳優・工藤阿須加(28)が26日、連続ドラマ初主演となるカンテレ「連続殺人鬼カエル男」(来年1月9日スタート、木曜深夜0・25、関西ローカル)の会見を大阪市内で行った。

 宝島社の新人賞「このミステリーがすごい!」シリーズのドラマ化で、猟奇的連続殺人犯を追う新人刑事を演じる。コンビを組むベテラン刑事役の鶴見辰吾(54)とは、撮影の合間にスポーツなどのさまざまな話をしたそうで「鶴見さんはこの作品の役作りのため相当、筋トレで追い込んでいて、僕よりひとまわり大きい体でした。撮影中も主食は常にプロテイン。ベテランなのにこんな努力をされてるんだと感動した」と明かした。

 腕の太さを比べ合っても「鶴見さんは僕よりも全然太くて、『普段はどういうトレーニングをしてるの?』など、撮影中も明るい話をしてくれた」と振り返った。

 共演者から得るものは大きいといい、来年1月4、5日はフジテレビ系「教場」で木村拓哉(47)とも共演しているが「主演として立ち続ける姿は参考にさせていただいた」と充実感を漂わせた。

最終更新:2019/12/26(木) 19:40
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事