ここから本文です

前澤友作氏「今年最もリツイートされたツイート」に認定…心臓病少年の支援求める投稿

2019/12/26(木) 20:52配信

デイリースポーツ

 今年、ツイッターで話題となったワードや人物に送られる「#Twitterトレンド大賞 2019」の発表会が26日、都内で行われ、最もリツイートされたツイートを行った「♯ThisHappened Most Retweeted Tweet」には、前ZOZO社長で現スタートトゥデイ社長の前澤友作氏(44)が選ばれた。

【写真】上半身はヌーディーな色合い…大人っぽい衣装で笑顔の剛力彩芽

 対象となったのは、前澤氏が1月13日に行った、心臓病の少年・おうちゃんを救うために行ったツイート。「この活動を多くの人に知ってもらえるよう、このツイートをRTしてください。僕の個人的な寄付に加え、みなさんのRT1件につき10円を付け加え寄付します」としたもので、リツイート数は46万を超えた。

 前澤氏は1年を通じて、ツイッターをフル活用した。1月5日にはフォロワー100人に現金100万円をプレゼントするという総額1億円の「お年玉企画」を発表。瞬く間にニュースは拡散してフォロワー数も急増し、一時は600万人を突破したが、企画終了1カ月後には100万人以上減少した。なお、何らかの報酬と引き替えにリツイートを募る投稿は、今回の対象からは除外された。

 2月7日には「本業に集中します。チャレンジは続きます。必ず結果を出します。しばらくツイッターはお休みさせてください」とつぶやき、一時更新をストップ。4月25日に再開し、社長を務めるZOZOが冠となっている米ツアー「ZOZO選手権」に、タイガー・ウッズ選手(43)が出場することを発表した。

 その後も事あるごとに、ツイッターで“重大発表”を連発。5月にはZOZOのアルバイトを時給1300円で2000人採用すると発表した。だが、9月12日に突然、同社の代表取締役を退任し、退社することを電撃発表。インタビューではTwitterを「やらなきゃよかった」と後悔の思いを口にした。

 プライベートでは、18年4月に交際が発覚した女優・剛力彩芽(27)と破局したことが11月に明らかに。交際発覚後にはツイッターで交際を認めていたが、破局後は「真実はいつもひとつです」と意味深な表現にとどめた。

最終更新:2019/12/26(木) 21:04
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事