ここから本文です

非常電源、72時間以上は4割 自治体庁舎、備え不十分

2019/12/26(木) 18:53配信

共同通信

 1741全市区町村のうち、庁舎に設けた非常用電源が災害時の人命救助で重要とされる72時間以上稼働できるのは、約4割の717にとどまることが26日、総務省消防庁の集計で分かった。財政難やスペースの不足から、大量の燃料保管が難しいことが背景。昨年の北海道地震や今年の台風で長時間の停電が相次ぐ中、復旧対応や住民支援の拠点で備えが不十分な現状が浮かび上がった。

 同庁が6月時点の状況をまとめた。外部から燃料の供給が途絶えても72時間は非常用電源が稼働できるよう、政府は財政支援制度の活用により、機器や燃料タンクの設置、増設を呼び掛けている。

最終更新:2019/12/26(木) 19:04
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ