ここから本文です

夜の六本木で働くショーダンサー “涙の三者面談”を経て入店

2019/12/26(木) 17:50配信

オリコン

 東京・六本木に、月売上が約1億円にものぼる景気の良い場所が存在する。その名も「バーレスク東京」。店内には大型LEDが四方八方に設置され、中央には回転するステージ、そこで人気曲とともにセクシーな美女ダンサーたちが華々しいパフォーマンスを繰り広げる “新感覚エンターテイメント空間”だ。今回は「バーレスク東京」の最年少リーダー・Namieさんにインタビュー。親の反対を押し切ってまで入店した彼女がダンスに魅了されたきっかけとは?

【写真】キャバクラでナンバーワンの売上を誇ったことがあるシンディ

■親からは反対 テレビに出たことが転機に

――いつから「バーレスク東京」で働いているんですか?

【Namie】18歳の時に入りました。商業高校に通っていたんですけど、ダンスが好きだったので「そういうお仕事はないかな?」と探していた時に、たまたまお店の求人を見つけて。もともと映画『バーレスク』も好きだったし、発信されるSNSなんかにもピンときて、ここで働きたいと思うようになりました。もう4年目になります。

最初ここで働きたいことを親に伝えたら反対されたんです。夜の六本木だし、お酒を取り扱ってるし、セクシーな衣装も着ることになるからすごい心配していて。進路相談の三者面談では涙を流す展開でした(笑)。担任の先生とは仲が良くて応援してくれてはいたんですけど、親の反対もあるから、なかなかスムーズに決まらず……。最終的に「辛いことがあったらすぐに辞めなさい」という条件で折れてくれました。今ではショーを観にきてくれるなど、応援してくれています。

――だいぶ好意的になったんですね。

【Namie】2016年の『FNS歌謡祭』(フジテレビ系)でJUJUさんとバーレスクダンサーがコラボするという企画があって、その時に私も出演させていただいたんです。家族はびっくりしていて、そのステージが見方を変える意味でも大きかったと思います。テレビの影響力ってすごいなと。今では最年少リーダーになったことも喜んでくれています。

――「ダンスが好きだった」と仰ってましたが、好きになるきっかけは何だったんでしょう?

【Namie】安室奈美恵さんが大好きで、実は名前もそこからなんです(笑)。『FUNKY TOWN』っていう曲のMVを初めて観たとき感動して。そこから「安室ちゃんのようにカッコいい女性になりたい」とダンスを習い始めました。

■ファンとしていつか“新しい安室ショー”を

――お話していてすごく大人っぽい印象を受けました。ご自身をどんな性格だと分析してますか?

【Namie】あまり前に出るタイプじゃないんです。でも以前オーナーに「前に出るタイプじゃないからこそ、前に出してあげたいと思う」と仰っていただいたことがあって。私がリーダーとして活動できてるのは、周りが私を活かしてくれているからだと思っています。

――日頃のリフレッシュはどうされてるんですか?

【Namie】食べることがすごく好きなんですよ。ここで働く女の子の中で1、2を争うくらいよく食べると思います。お寿司と焼肉が大好きで、最近は、出張先で大食いのスタッフさんと何軒かはしごもしちゃいました(笑)。美味しいものを食べているときに、とにかく幸せを感じます。

――それでもプロポーションを維持していてすごいです。

【Namie】いえいえ、全然。私なんてただの“わがままボディ”ですから(笑)。

――最後にNamieさんの叶えたい夢を教えてください。

【Namie】私はこのお店で働いて、好きなダンスを踊るということにやり甲斐を感じているんです。六本木の中でも常に1、2を争うくらい盛り上がっているお店にしたいし、それこそスタッフのみんなが夢を叶えられるくらい、勢いのある場所にしていきたいと思っています。

あえて1つ言うなら、いつかウチのお店で安室ちゃんの曲をかけたショーをやりたいんです。生涯ファンとして、私が主導となった“新しい安室ショー”をつくってみたいですね。

(取材・文/中山洋平 撮影/飯本貴子)

最終更新:1/2(木) 17:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ