ここから本文です

優秀歯みがきグッズ発見!「歯の間になんかはさまる」オトナの歯問題も解決!

2019/12/26(木) 21:40配信

kufura

すでにランチ後のルーティンになっている歯みがき。職場の引き出しや、ポーチに歯みがきセットを常備してる方も多いのでは。

ただオトナになると、単に歯を磨くだけでは全然足りない。加齢とともにどうしても歯ぐきも痩せてくるので、歯に挟まったもののオフや、磨き残しを極力なくすことも重要に。

今回は、私が毎日使って「これは絶対使って欲しい!」とオススメの優秀デンタルグッズをご紹介します。

道具でみがき上がりに大きな差が出る、オトナの歯みがき

メイクやファッション、20代、30代と同じようにしていると、思ったような仕上がりになりにくいのが40代、50代ですよね。何となくではサマにならない。自分に合ったものを選ぶことで、なんとか満足いくところまでもっていく。

そしてメイクやファッション以上に、合うものを選ぶ重要さを痛感しているのが、なんと歯みがきに使うアイテムなんです。同じ歯ブラシでも、ものによって磨き上がりがかなーり違う。また昔はなかった、食べ物の挟まり問題もアイテムを選ぶことで格段に解決できるようになったんです。

実は私、長い間うまく歯が磨けていなくて、歴代の歯科衛生士さんにいくら指導を受けても、今ひとつ上達しなかったのです。が、昨年とうとうスーパー歯科衛生士さんに出会い、彼女に教えてもらったアイテムと、たまたま自分が見つけて使っていたアイテムを合わせて使うことで、口内環境が激変。外歯みがきにもそれらを持って出ることで、仕事中や外食あとの口の中のすっきり感が断然違ってきました。

きちんと磨けてる人でも、歯の悩みが出てくるお年頃なら、グッズを見直してみるのもいいかと思います。

まずは超基本アイテム、歯ブラシから。

【歯ブラシ】「奥歯に自然にピタリ」と届く植毛になっている、”ルシェロのピセラ”

ヘッドが大きい、小さい、毛が細い、毛が柔らかい……

良いと言われる歯ブラシは軒並み試してきましたが、どれもうまくは磨けない。磨き残しが直らない。

半分諦めて適当なものを使っていた時に、スーパー衛生士さんにクリーニングの後に勧められたのがこの歯ブラシです。

「奥歯の奥側、内側が磨けていないですね。私もそこ磨きにくいんです。でもこれだと違和感なく奥歯の根元まで届くんですよ」

と言われて一本もらったのが「ジーシー ルシェロ 歯ブラシ ピセラ(ふつう)」。

1/5ページ

最終更新:2019/12/26(木) 21:40
kufura

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ