ここから本文です

瀧本美織&青木崇高、『HOKUSAI』出演決定 “北斎ブルー”が躍るビジュアルも解禁

2019/12/26(木) 12:00配信

クランクイン!

 俳優の柳楽優弥と田中泯がダブル主演を務め、葛飾北斎の人生を描く映画『HOKUSAI』より、北斎ブルーが際立つ「冨嶽三十六景」の大波を使ったティザービジュアルが解禁された。また、追加キャストとして女優の瀧本美織、俳優の津田寛治、青木崇高らの出演が発表された。

【写真】映画『HOKUSAI』“北斎ブルー”が躍るティザービジュアル


 本作は、米LIFE誌が選ぶ「この1000年で偉大な業績を残した100人」で唯一の日本人として選出されるなど、世界で最も有名な日本人のひとりである北斎の知られざる生涯にはじめて焦点を合わせた作品。青年期の北斎を目覚めさせた版元・蔦屋重三郎と、老年期の北斎のパートナーとなる人気戯作者・柳亭種彦とのエピソードを軸に、“人間・北斎”と、彼が描いた“3つの波の秘密”が生まれるまでの物語を描く。柳楽が青年期の北斎を、田中が老年期の北斎をそれぞれ演じる。監督は『探偵はBARにいる』シリーズの橋本一。

 新キャストとして、創作活動に没頭する日々を過ごす北斎を支える妻・コトを瀧本、風紀の乱れを正すべく表現者たちを厳しく取り締まった幕府の役人・永井五右衛門を津田、北斎が晩年を過ごした小布施での生活を手助けした弟子・高井鴻山を青木が、それぞれ演じることが発表された。さらに、瑣吉/滝沢馬琴役に辻本祐樹、東洲斎写楽役に浦上晟周、麻雪役に芋生悠、お栄役に河原れんが決まった。ほか、映画『万引き家族』の城桧吏の出演も決定している。

 ティザービジュアルは、北斎の代表作として知られ、海外では“THE GREAT WAVE”の呼称で愛される「冨嶽三十六景」の一図、「神奈川沖浪裏」を大胆に使用。北斎が愛用した独特の青色“北斎ブルー”を全開に強調したインパクト抜群の仕上がりになっている。

 併せて、柳楽、田中、瀧本、津田、青木のほか、玉木宏、永山瑛太、阿部寛の8人の鋭いまなざしが印象的なキャラクター画像も解禁となった。

 映画『HOKUSAI』は2020年5月全国公開。

最終更新:2019/12/26(木) 12:02
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事