ここから本文です

ウインターカップ女子準決勝見どころ「2試合ともに“東海vs近畿”の対決に」

2019/12/26(木) 23:16配信

バスケットボールキング

「SoftBank ウインターカップ2019 令和元年度 第72回全国高等学校バスケットボール選手権大会」はいよいよ大詰め。大会5日目の女子は、準決勝2試合が行われる。

【次世代の主役に迫る②】平下愛佳(桜花学園)「井上先生を絶対に胴上げしたい」

 準決勝のカードは桜花学園高校(愛知県)vs大阪薫英女学院高校(大阪府)と京都精華学園高校(京都府)vs岐阜女子高校(岐阜県)。ここではそれぞれのカードの見どころをお伝えする。

桜花学園vs大阪薫英女学院【どこからでも得点可能な桜花に堅守の薫英が挑む】

 夏のインターハイを優勝し、今大会でも優勝候補筆頭の桜花学園。強みは何と言っても『どこからでも点が取れる』ことだ。

 精華女子高校(福岡県)との準決勝で28得点を挙げたオールラウンダーの平下愛佳(3年)とセンターのオコンクウォ・スーザン・アマカ(2年)が得点源だが、他にも当たりに強い岡本美優(3年)や外角シュートを得意とする前田芽衣に司令塔ながらシュート力も兼ね備える江村優有(ともに2年)と、得点力の高い選手がそろっている。ここまでの3試合は初戦となる2回戦の広島観音戦(広島県)で117得点、3回戦の開志国際戦(新潟県)では97点、そして準々決勝でも94得点と、高得点をマークしている。

 この分厚い攻撃を防ぐことができるのか。だが、対する大阪薫英女学院はディフェンスに定評のあるチーム。聖カタリナ学園高校(愛媛県)との準々決勝では「薫英さんのディフェンスはすごく鍛えられている」と聖カタリナ学園の後藤良太コーチが語ったほどで、1対1のディフェンスやチームディフェンスに優れる。ゾーンディフェンスを駆使したチェンジグディフェンスも持ち合わせており、『仕掛ける防御』は、桜花といえど、そう簡単には崩せないだろ。また、攻めては高さを生かしたシュートに加え、ドライブも時折見せる森岡奈菜未、3ポイントシュートを武器とする福田希望(ともに3年)らがチームをけん引している。

 高さでは桜花が優位なため、薫英は激しいディフェンスから勝機を見出したいところだ。

1/2ページ

最終更新:2019/12/26(木) 23:16
バスケットボールキング

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ