ここから本文です

マック、KFC、ダンキンが“奥の手”で盛り上がる、背景に何が?

2019/12/27(金) 11:00配信

ITmedia ビジネスオンライン

 日本でもかなり浸透してきた「ブラックフライデー」と「サイバーマンデー」。米国発のこのイベントは、サンクスギビングが終わった11月の第4金曜日から始まる1年で最も熱狂的なショッピングイベントだ。

【画像】えっ? フライドチキンの香りがする薪

 米国では、ブラックフライデーとサイバーマンデーが開催される週末は、1年間の売り上げの40%を稼ぎだす小売店もあり、小売業界にとって最も重要な時期となっている。

 ちなみに、2019年のブラックフライデーは、オンラインでの売り上げが好調だったようだ。スマートフォンが普及していることでオンラインでの売り上げが伸びており、74億ドルを記録した。

 ホリデーシーズン全体を見ても、小売の売り上げは好調だ。全米小売業協会によると、過去5年間に毎年平均3.7%で伸びており、19年は7300億ドルになると予測している。

 ビジネスを左右する重要な時期だけに、企業はホリデーシーズンを勝ち抜こうと、さまざまなアプローチで攻めている。その中でも、近年トレンドとなっているのが、本業とは別の商品を販売することでブランドの知名度を上げる手法だ。特に、ブラックフライデーやサイバーマンデーの恩恵を受けない外食産業を中心に、新たな稼ぎ口として盛り上がっているのだ。

 このトレンドに乗っかっているブランドの代表格が、「ダンキン」だ。米国東海岸を中心に展開する、コーヒーとドーナツが売りのチェーン店である。同社は、今回初めて期間限定のオンラインストアをオープンさせ、ホリデー向けの限定商品を販売している。

ドーナツの香りがするキャンドル

 ダンキンのオンラインストアで扱っているのは、ホリデー柄のセーターやパジャマ、スマホケース、ヘアアクセサリーなど。ドーナツやコーヒーとは関係ない商品なのに、すでに完売しているものもある。

 また、米国では自分でギフト包装するのが主流なため、そのニーズに合わせたダンキンのブランドロゴ入りラッピングペーパーまで販売されている。さらに、自社のオンラインストアのほかにも、ホームフレグランスのブランド「Homesick Candles(ホームシック・キャンドル)」とコラボして、限定品のキャンドルも展開している。

 ダンキンの人気メニューである、オリジナルブレンドコーヒーやオールドファッション・ドーナツなどの香りがするキャンドルまで、ひとつ30ドルほどで販売されている。決して安くない価格なのに、ほぼ完売となるほど反響があったようだ。

 ホームシック・キャンドルは、ノスタルジーを感じる香りを商品化しているブランドとして知られている。カリフォルニアやテキサスといった米国の各州にちなんだ香り、ボストンやマイアミなどのシティに特化した香り、またファーストキスや図書館など思い出に浸れるユニークな香りのキャンドルを販売している。

 ダンキンの限定キャンドルは、ホームシック・キャンドルのオンラインストアのみで販売されているが、両ブランドにとって新たな顧客を呼び込むきっかけとなっている。

 このように、ダンキンが本業とは異なる商品を積極的に手がけるようになったのには、同社がブランド名を変更したことが大きく影響している。もともと「ダンキンドーナツ」という名で親しまれていたが、19年1月よりブランド名が「ダンキン」とシンプルになった。

 ブランド名から「ドーナツ」を外したことで、より多角的にブランドを進化させようとしている意思が感じられる。そのダンキンよりも前から、本業とは別の商品でファンの心をつかんでいるのが、フライドチキンを主力商品とするファストフードチェーンのKFCだ。

1/2ページ

最終更新:2019/12/27(金) 11:00
ITmedia ビジネスオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ