ここから本文です

やっぱり堅そうなホープフルS 食い込み期待はゴールドシップ産駒

2019/12/27(金) 16:20配信

優馬

 昨年の勝ち馬サートゥルナーリアは後に皐月賞を制し、先日の有馬記念でも2着に好走、競馬界を代表する1頭へと成長を果たした。今年も好素材が集まったが、これを越える馬が現れるのか? 未来を担う若駒たちの頂上決戦に要注目!

傾向に変化あり?

 まずはGII時代の2014~16年、GI昇格後の2017~18年の勝ち馬に注目。

■過去の勝ち馬とその前走(近5年)
2014年 シャイニングレイ 新馬1着
2015年 ハートレー 新馬1着
2016年 レイデオロ 500万1着
2017年 タイムフライヤー GIII2着
2018年 サートゥルナーリア OP1着

 GII時代には新馬や500万(現1勝クラス)からの臨戦馬が勝ち切るシーンも見られたが、GI昇格後の近2年は一転してOPクラスからの臨戦馬が勝利した。GI昇格によりメンバーレベルが上昇、素質重視から実績重視の傾向にシフトした印象だ。そこで今回は近2年の勝ち馬2頭に注目。その共通点を探っていきたい。

■勝ち馬の共通点(近2年)
・これまでに出走した全レースで上がり3F2位以内
・前走OPクラスで1番人気かつ連対
・OPクラスで後続を0.3秒以上離しての完勝歴あり

 勝ち馬2頭の共通点は上記の通り。ポイントは確かな決め手とGIIIやOP特別なら楽に勝てる能力を有すること。今年はコントレイルとワーケアがこれらの条件をすべてクリア。この2頭を1着候補に指名したい。続いて相手探し。

崩れていない馬に要注意

 この2年を振り返ると、これまでに3戦以上して1度も連を外していなかった馬は〔1.1.1.0〕と好成績。これら3頭と比較して実績面でも見劣らないのが、ゴールドシップ産駒初の重賞ウィナー・ブラックホール。同馬の食い込みに期待。

勝ち馬候補

コントレイル
ワーケア

相手候補

ブラックホール

最終更新:2019/12/27(金) 16:20
優馬

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事