ここから本文です

ANA、宮崎・大分で「観光型MaaS」の実証実験、JR九州やトヨタらと、アプリで検索から決済まで

2019/12/27(金) 14:40配信

トラベルボイス

ANAは、公共交通などの移動手段の利便性向上と地域観光資源の魅力向上を目的とした「観光型MaaS」の実証実験を宮崎県と大分県で開始する。「観光型MaaS」とは、スマートフォンなどを活用し、観光エリアまでの航空、鉄道や高速バスなどの1次交通、観光エリアにおけるバスやタクシーなどの2次交通、そして観光施設や宿泊施設などの検索・予約・決済を統合したサービスを提供するもの。

宮崎県では、2020年6月から半年程度、トヨタ自動車が開発したマルチモーダルモビリティサービス「my route(マイルート)」を活用し、参画企業に関わるデジタル乗車券予約・アプリ内決済などの地域交通への対応や観光施設の入場券などのデジタルチケット販売を検討していく。参加する企業および団体は、宮交ホールディングス、JR九州西日本鉄道、トヨタ自動車、宮崎トヨタ自動車、宮崎交通、宮交タクシー、東急、宮崎県、宮崎県観光協会、宮崎市、宮崎市観光協会、日南市、日南市観光協会、九州運輸局、宮崎河川国道事務所、宮崎運輸支局、宮崎大学。

一方、大分県では、同じく2020年6月から半年程度、小田急電鉄が開発するオープンな共通データ基盤MaaS Japanを活用したMaaSアプリ「EMot (エモット)」を活用して、旅行者の発地と由布院および周辺エリアへのシームレスな移動の実現による利便性の向上、由布院および周辺エリアにおける旅行者の滞在・周遊促進を実証する。参加する企業および団体は、JR九州、亀の井バス、西日本鉄道、みなとタクシーグループ、第一交通産業、由布院温泉観光協会、由布院温泉旅館組合。

ANAは、国内外で実証実験のプロモーション活動を展開。ANA便利用者に空港から観光エリアまでのアクセス情報を提供するとともに、MaaSアプリの利用を促すことで、現地交通や観光施設の一括した検索・予約・決済を体験してもらう。

トラベルボイス編集部

最終更新:2019/12/27(金) 14:40
トラベルボイス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事