ここから本文です

「ジャイアント馬場バル」が新橋に誕生、世界の16文が愛した味を再現…来年1月31日に開店

2019/12/27(金) 9:56配信

スポーツ報知

 1999年1月31日に61歳で亡くなった不世出のプロレスラー、ジャイアント馬場さんの偉業を感じられるカフェ&バルの「ジャイアント馬場バル」が東京・新橋にオープンすることが27日、明らかになった。

 開店日は、来年21回目の馬場さんの命日になる1月31日で、店内には、馬場さんの往年の品々、秘蔵コレクションの展示や、妻の元子さんが夫のために心を込めて作ったメニューなど提供し、「馬場家へのご招待」をコンセプトに作り上げ、営業はランチ、カフェ、バルの3部営業で、それぞれの時間帯に馬場さんが愛したカレーや、コンソメで作ったビーフシチューなどが味わえ、また、オリジナルブランドの酒も提供する。

 オープンの1月31日は午後7時から馬場さんの弟子の小橋建太氏が参加し記念イベント「ディナートークショー」を開催。参加費は、飲食とプレゼントを含め1万円で先着40人限定となっている。

報知新聞社

最終更新:2019/12/27(金) 9:56
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事