ここから本文です

<紅白リハ>2年連続出場の純烈 今年の漢字は謝罪と感謝の「謝」

2019/12/28(土) 17:31配信

MANTANWEB

 音楽ユニット「純烈」が12月28日、東京・渋谷のNHKホールで行われている「第70回NHK紅白歌合戦」のリハーサルに登場。リーダーの酒井一圭さんは、会見で「戻ってきた。去年よりフラッシュが多かった気がする」と感慨深げで、「今ここにいるのはたくさんの方の応援のおかげ。感謝したいと思っています」と思いを語った。

【写真特集】純烈、DA PUMPと異色コラボ! “銭湯感”も…紅白ステージはどうなる?

 昨年、紅白に初出場したが、直後にメンバーの友井雄亮さんが脱退した。酒井さんは「1月のメンバーの脱退から、この(リハーサル時の)会見の記憶を思い出していなかった。味わう間もなくスキャンダル。あれのおかげで有名になったけれど、メンバーを失った。ファンのみんなにも心配をかけた」と振り返った。

 それでも、「記者会見を見た人がコンサートを見に来てくれて『絶対今年やぞって言いたかった』って応援してくれた。それでだんだん火がついてきた。『紅白出るぞ』と口にし始めた」と熱い思いを語り、「応援していただかなかったら、僕らそうはいっても目指せなかった」とファンに感謝した。

 メンバーの小田井涼平さんは「(今年を漢字一文字で表すと)謝るという字の『謝』。謝罪から始まって、感謝に終わる」と笑顔。妻で映画コメンテーターのLiLiCoさんについて聞かれると「今年は見に来ないと思う」と照れつつ、「去年は『びっくりりこ』って言ってましたが、今年は『やっぱりりこ』って言ってました。彼女は紅白に今年も出られると信じていました。ネタじゃないですよ」と明かした。

 本番では10枚目のシングル曲「純烈のハッピーバースデー」を、「DA PUMP」とのコラボでパフォーマンス。ダンスについて酒井さんは「難しかったですよ。ダンスを教えてもらう時、『これもできないんですか?』と言われた」と苦笑い。小田井さんは「僕は張り切る担当で一生懸命さで頑張っている。年取ってるから手を抜いてるといわれるのが嫌」と話していた。

 「第70回NHK紅白歌合戦」は、白組司会を人気グループ「嵐」の櫻井翔さん、紅組司会を女優の綾瀬はるかさんが担当。総合司会は、3年連続となるお笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」の内村光良さんが同局の和久田麻由子アナウンサーと共に務める。NHK総合ほかで12月31日午後7時15分~同11時45分に放送される(途中ニュースで中断あり)。

最終更新:2019/12/28(土) 17:31
MANTANWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事