ここから本文です

THE YELLOW MONKEY 結成30周年の祝祭感に満ちたキャリア初のドームツアーが開幕

2019/12/29(日) 12:15配信

エキサイトミュージック

THE YELLOW MONKEYがバンド結成30周年を記念した初の東名阪ドームツアー『THE YELLOW MONKEY 30th Anniversary DOME TOUR』をナゴヤドームからスタートさせた。

キャリア最大規模となる全4公演のドームツアーの幕開けを飾ったこの日は、かつてイエローモンキーが1989年12月28日に現メンバーで初めてライブをおこなった記念すべき日でもある。これまで12月28日には、企画ライブ『メカラ ウロコ』を不定期で開催してきたが、昨年でファイナルを迎えたということもあり、吉井和哉(Vo,Gt)は、この公演に「蘇るメカラ ウロコ スペシャル」という裏タイトルを掲げているとコメント。通常のツアーとは一線を画す『メカラ ウロコ』のコンセプトも受け継いだこの日は、ツアーの初日限りのスペシャルな演出が用意されたほか、イエローモンキーの歴史を彩ってきた名曲が数多く披露され、30年間の集大成と呼ぶにふさわしい一夜になった。

ステージサイドまでお客さんで埋め尽くされた満員のナゴヤドーム。定刻、会場の電気が消えると、スクリーンで「1989.12.28」から「2019.12.28」までのカウントダウンがはじまった。ステージに向かうメンバーがスクリーンに映し出され、菊地英昭(Gt)、廣瀬洋一(Ba)、菊地英二(Dr)の3人が楽器をスタンバイ。エマが奏でるギターを皮切りに、バラード曲「SECOND CRY」がはじまると、なんと吉井はフロアの中央に設置されたサブステージから姿を現した。ステージに美しい光が降り注ぐなか、吉井が圧巻の歌を届けると、「ロックスターになりたい!」という叫び声を合図に、パワフルなバンドサウンドが炸裂した「ROCK STAR」へ。続けて、ミラーボールが無数の光を放射した「SPARK」を畳みかけ、序盤からナゴヤドームは一気に最高潮の熱気に包まれていった。

1/4ページ

最終更新:2019/12/29(日) 12:15
エキサイトミュージック

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ