ここから本文です

【大井・東京2歳優駿牝馬】重賞勝ち馬6頭など好メンバーが揃う/レースの見どころ(地方競馬)

2019/12/29(日) 17:00配信

netkeiba.com

 12/31(火)に大井競馬場で行われる第43回東京2歳優駿牝馬。この2019年最後の重賞に、デビュー3連勝中のレイチェルウーズや重賞勝ち馬6頭など、好メンバーが顔を揃えている。主な出走馬は以下の通り。

■12/31(火)東京2歳優駿牝馬(2歳・牝・SI・大井ダ1600m)

 レイチェルウーズ(牝2、船橋・林正人厩舎)はデビュー3連勝。いずれも圧勝で、前走は距離延長と控える競馬にも対応した。初重賞のここでも期待の掛かる一頭だが、大外枠をどうこなすかがカギとなる。

 ミステリーベルン(牝2、北海道・小国博行厩舎)はフローラルCと金沢シンデレラCの覇者。前走で遠征を経験しており、マイルの距離にも実績があるのはここで大きなアドバンテージとなるだろう。重賞3勝目なるか。

 コーラルツッキー(牝2、北海道・田中淳司厩舎)は前走のエーデルワイス賞で接戦を制しV。今回は初の遠征、そして1ハロンの距離延長が課題となるが、スピードは上位なだけに侮れない存在であることには違いない。

 ブロンディーヴァ(牝2、川崎・内田勝義厩舎)は川崎に移籍して3戦2勝と上々の安定感を見せており、前走のローレル賞は好位からきっちり脚を伸ばし快勝した。まだまだ底を見せておらず、大井に舞台が変わるここも期待したい。

 他にも、ラブミーチャン記念で逃げ切り勝ちを収めたテーオーブルベリー(牝2、北海道・田中淳司厩舎)、ブロッサムCの覇者ネーロルチェンテ(牝2、大井・宗形竹見厩舎)、園田プリンセスCの勝ち馬スティローザ(牝2、船橋・矢野義幸厩舎)、ローレル賞で2着のルイドフィーネ(牝2、川崎・内田勝義厩舎)、ブリーダーズゴールドジュニアCで3着のリヴェールブリス(牝2、船橋・米谷康秀厩舎)らも上位争いを狙う。

 発走は16時30分。

最終更新:2019/12/29(日) 17:00
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ