ここから本文です

「2月いっぱいまでは美浦、3月以降は分からない」東京大賞典勝利のM・デムーロが去就語った

2019/12/29(日) 20:26配信

中日スポーツ

◇29日 第65回東京大賞典(大井競馬場)

 地方競馬の「第65回東京大賞典」(G1・ダート2000メートル)は29日、東京・大井競馬場で行われ、2番人気でJRA所属のオメガパフュームが直線で内から伸びた5番人気のノンコノユメ(大井)を叩き合いの末に1馬身差で退け、史上4頭目の連覇を達成した。

【写真】外から突き抜けたリスグラシューと敗れたアーモンドアイ

 いちかばちかの勝負手が実を結んだ。連覇が掛かっていたM・デムーロ騎乗のオメガパフュームが勝負どころで先行勢を力でねじ伏せ、さらにノンコノユメの追い上げをしのぎ、連覇達成。両腕を横に広げる派手なガッツポーズで喜びを爆発させた。

 大得意の舞台で改めて、その強さを見せつけた。ここまで大井では3戦2勝、2着1回。ケイティブレイブ、ゴールドドリームのJRA2頭が先行集団で張り合う中、その直後で脚を温存。3コーナー過ぎから進出を開始すると、4コーナーでは外から抜群の手応えで先行勢を射程内に。「いつもよりスタートが良くて、手応えも良かった。直線ですぐにゴールドドリームの脚がなくなったのが分かった」とM・デムーロ。満を持して抜け出したところで、最内からノンコノユメが襲いかかってきたが「フワフワしたけど内からきてまた伸びてくれた」とパートナーの底力に感謝した。

 そして突如、沸き上がった美浦への移籍話にも「いいエンディングになったね。1、2月はいっぱい乗せてくれると言うので美浦で乗るけど、3月以降は分からない。所属も栗東のままです」と笑顔で説明した。

最終更新:2019/12/29(日) 20:26
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ