ここから本文です

クジラ料理はまずいのか? 熟成肉にローストホエール……料理も進化 「硬くて臭い」なんて誰が言った!

1/6(月) 7:00配信

withnews

クジラ料理はまずいのか。捕鯨とクジラについて考えるなら、実際に食べて確かめることは欠かせません。前回はノルウェーの捕鯨船で食べた料理について書きました。今回は、ノルウェーや日本の飲食店で食べた料理を紹介します。そこで目にしたのは、日々進化する保存・調理方法と、多彩な料理のバリエーションでした。(朝日新聞名古屋報道センター記者・初見翔)

【動画】同乗した船で目撃した「解体作業」の現場 「捕鯨砲」発射の瞬間、起きたこと

300グラムのステーキ

まず、ノルウェー西部の港町オーレスン近くの島にあるレストラン。

ここは、私が乗船した捕鯨会社「ミクロブスト・バルプロダクタ・エーエス」の本社のすぐ近くで、乗船前にランチで案内してもらいました。

洗練された白無地の丸皿で提供されたのは、大きな塊肉のステーキ。ナイフで真っ二つに切ると、中はきれいなピンク色です。学生時代にフレンチレストランのキッチンでアルバイトをしていた私は、低温でじっくり火を入れたんだろうな、と思いました。

食べてみると、若干細かいスジがあるのを感じますが、その分厚い見た目にしてはやわらかい。牛肉よりもみずみずしく、しつこさはありません。北欧で有名なジャガイモの蒸留酒「アクアヴィット」でフランベしているそうで、後味もすっきりでした。朝食を食べ過ぎたので、最初は全て食べきれるか不安でしたが、300グラムはあっという間に腹におさまりました。

熟成肉が主流

別のレストランではクジラ肉のスモークもいただきました。こちらは和食に慣れた口にはやや香りが強かったのですが、付け合わせのモッツァレラチーズと合わせると絶品でした。

ノルウェーでは鯨肉を低温で熟成させて食べるのが一般的だそうです。

ミクロブスト社ではセ氏0度に保った倉庫で2~3週間熟成したものを、ステーキサイズに切り分けてから冷凍し、国内のスーパーなどに卸しているとのこと。

このときに端切れ肉を生で食べさせてもらいましたが、船の上で食べた新鮮な肉と全く違い、ねっとりとしてクジラの味を強く感じました。レストランのステーキがやわかく、うまみが強かったのも納得です。

1/2ページ

最終更新:1/6(月) 7:00
withnews

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事